哲学を繰り返しつくり出すプラス思考


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | モチベーション | 悩みを解消する考え方

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

このページの要点

・楽観主義よりもプラス思考の方が強い考え方。
・小さな失敗を繰り返す事で哲学となるプラス思考が生まれる。
・悔しさは一人前がするものであると理解できれば前に進める。


*哲学を繰り返しつくり出すプラス思考

プラス思考は、 ただ楽観的になることや、 ただ前向きになることよりも、 少し難しい思考です。

「悪い結果となる可能性」も認識した上で、 それも覚悟して前に進む考え方です。

楽観主義であれば、 勉強も知識も経験もなくても 備えることができます。

けれど、 あなたの願う未来を作り上げるには、 勉強も知識も経験も必要なことです。

「悪い可能性は考えない」と考える人もいるでしょう。
けれど、 「悪い可能性は考えない」気持ちで 悪い状況に出会ったとき、 そのストレスにより、 辛くなったり、 挫折するような、 考え方や行動となる可能性があります。

「悪い結果となる可能性」も考えられる人は、 すでにその可能性は覚悟していたので、 「悪い結果の壁」を壊して乗り越える心構えがあります。

つまり、 悪い状況に出会っても、 乗り越えられる可能性が増えます。

生まれて始めてショックを受ける出来事は、 乗り越えられるか乗り越えられないか、 道が分かれます。

すでに同じショックを受けた経験がある場合、 乗り越える方法や気持ちの持ち方は 多少図太く(ずぶとく・簡単にはびくともしない)なります。

まだ経験したこともないが、 ショックを受ける可能性も覚悟して挑んだ場合、 想像したショックよりは 大抵は軽くなります。

*悪い想像も考えず、 目先の必要な事を堅実にこなして未来に待つ悪い状況よりも、 想像力で作り上げた悪い状況の方が、 覚悟が備わります。




想像して下さい。

勉強をせずに、受験本番試験をする自分。

一度試験で失敗してから、一年勉強して試験をする自分。

勉強をして復習してから、試験を受ける自分。

ゾッとする自分や、面倒だけれど自信と輝かしい未来が想像できます。

つまり、どのような結果になっても、 覚悟がすでに備わっていることで、 どの自分を選んでも結果は想像できていたので、 後悔が少なく感じます。

先に想像すればわかりそうなことでも、 意外と考えずに目先の事だけに励むものです。

その先の未来は、 受験勉強のように一年に一回のようなものではなく、 学生が終わって、自分の何かを作り上げるたびに 「小さく細かい失敗の連続」ですので、 繰り返すうちに 「また乗り越えられる」 という気持ちが当たり前となります。

*「小さく細かい失敗の連続」は、 自分だけの「一時的な結論である哲学」が生まれます。



「悪い結果の壁」を何度も乗り越えられると、 乗り越えなければ気が済まないくらい 「壁を乗り越える自信」につながり、 「乗り越えられない壁はない」という 一見根拠のなさそうな自信につながりますが、 仮に乗り越えられなくても心が揺るぎません。


失敗をしていないのに、 失敗した気分になるのは、 半人前がすることです。 (ちょっとしたミスでおお事ではない程度)
*

失敗を悔しがるのは、 一人前がすることです。

失敗をすでに想像して、 前向きにとらえられて、 前に進むことが出来れば 一人前以上です。


「失敗できて良かった」と感じられれば、 人が悔しがっている間にも、 あなたは何か 良い方向性を見つけられます。

この内容の始まりを見る


   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。