運が悪いと思ったときにチャンスがある


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | モチベーション | 悩みを解消する考え方

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

このページの要点

・いつもガッカリしていると全てを悪く感じる。
・運が悪いと感じる人からの情報にはチャンスが転がっている。
・無関係なものは世の中にない。


*運が悪いと思ったときにチャンスがある

あなたに自信や覇気(はき・積極的に行動する気持ち)があれば、 運が悪いと思わなくなります。

自信や覇気があると、 悪い事がおきても 悪く受け止めないからです。

または、 本当に悪い出来事が起きても、 運とは結びつけたりしません。

「自分に悪いことばかり起きるのは、 運がいつも無いからだ」。
ではなく、
「自分に悪いことばかり起きるのは、 いつも悪いことが起きないかを気にしている 自分の気持ちの持ち方が悪いからだ」
なのです。

つまり、 「いつもガッカリしている人」には 運が悪いような出来事が起きるのです。
*

そのようなタイプの人は、 ちょっとした選択肢があるとき、 面白いほど人とは「逆」を選びやすいのです。

そのようなタイプの人は、 一人で考えてはいけないタイプです。

つまり、 誰かの助けや理解者が必要になるのです。

そして、 人とは「逆」を見る事ができる思考は、 とても「勉強になる」ことや、 とても「良い考え」と思えることもあります。

普通ならこちらを選ぶ。
普通ならあれはやらない。
普通ならここまでにしておく。

といったようなタイミングで、 「逆」をすることが 良い発見になることもあるからです。

それなら、 なぜ「逆」を考える人には それが生かせなかったかと言えば、 そこに「意識がなかった」からです。

*着眼点というものは、 「意識をして見ている人」に見つけることができます。


または、 普段から自分にとって新しい情報を 前向きに吸収している人に気づけるものです。

同じ思考の人間が10人いるより、 違う発想を持つ人が1人いるだけで、 「なぜそのように思うのだろう」 という疑問からヒントを得て、 「なるほど、この見方はとても面白い」 という新しい考え方が生まれます。

その新しい考え方を手に入れた人は、 違う景色で世間を眺める事ができます。

「運が悪い」と感じる人から得たヒントは、 「運」より「チャンス」を見つける目を持つ人に 活用されることになります。

*あなたが「運が悪い」と思ったときに、 何か「チャンス」が転がっているかもしれません。



街のどんな雑音の中でも、 自分の名前を突然呼ばれれば気づくように、 新しく知ることができた「チャンス」は、 人が気づかない「普通の光景」が 眩しく感じる「発見のある光景」と変わります。

世の中は、 「無関心や無関係」だったものが、 「大きく関係する」ことの連続です。

それは、 誰かと競うわけではなく、 あなたの人生に関わることであり、 20代で知るのか、 50代で知るのか、 「遅かれ早かれ」知ることとなります。

早く知りたい場合は、 世の中には、 自分に「無関係なものはない」と考えることで、 知ることができます。



   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。