恥が苦手な賢い人


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | モチベーション | 悩みを解消する考え方

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

このページの要点

・頭の中だけ進化すると行動をしたくなくなる。
・バカに成れれば躊躇が減る。
・賢い人が恥ずかしいと思う事をすれば大きな価値を知れる。

*恥が苦手な賢い人

「賢い人」と呼ばれる人は、 「バカ」と呼ばれることが苦手です。

「バカ」と呼ばれる人も、 「賢い人」と思われたいものです。

周りの人が思う「賢い」やり方を覚えると、 「自分が進化」した気がします。

進化はしています。
けれどそれは、 「頭の中」だけの進化です。

「頭の中」だけ進化すると、 「小さな行動」をすることがおっくうとなります。

「賢い人」が、 早い回転の頭で未来の予測をすると、 行動しなくても「先が見える気がする」ものです。

「小さな行動」の途中途中に、 行動しなければわからないような 「有意義な人生となるヒント」があっても、 一生気づかないものです。

行動することの大切さを知った人は、 仕事上の昇格などで 行動しなくなった立場となったとしても、 これから覚える人には 行動させようとします。

どうして口で説明するだけや、 映像で説明するだけでなく、 行動させて教えるかといえば

実際に行動しないと 「本当に理解できない」からです。

*

自分の意思で踏み込んだ新しい職種であれば、 少なからずの興味を感じたからだと思います。

少なからずの興味から踏み込んだ仕事は、 想像よりも大変に感じるものです。

興味程度では、 大変と感じた瞬間、 やりたくなくなります。

*失敗して恥をかくのが嫌だからです。



そして、 その想像は当たります。
失敗します。
恥もかきます。

「賢い人」は、 それを恐怖と感じます。
「賢い人」にとっては「覚悟」まで必要となります。

けれど、 「バカ」と呼ばれる人は、 余計なことは考えません。

見栄を張るほど 自分が「賢い人ではない」と、 無意識に認めているからです。

自分が未熟だと認められる気持ちは、 いくつになっても重要です。

*本当にやりたい事というものは、 いつも想像しなかったところで見つかります。



踏み込んだ世界が想像通りだった場合、 想像通りの行動範囲しかしないため、 あなたの行動力が進化しません。

「大きな行動」を支えてくれるものは、 「小さな行動」の経験があるからこそ、 自信と確信になり、 「博打にならない大きな行動」ができます。

たいていの場合、 「大きな行動」をしようとするとき、 「大きくリスクある行動」か、 「全くリスクのない行動」になりがちです。

成功か失敗の両極端となりやすいため、 成功しても、 失敗しても、 「あなたの実力ではない」場合が多いです。

人よりズバ抜けてセンスがあり、 根拠ある自信から行動する場合か、 あるいはやってみて失敗しても、 大した痛みがないような、 根拠の薄い遊びの延長となるかどうかを、 人生の経験として試してみることは 面白いかもしれません。

それでも、 「自分の意思」でやってみたものであれば、 経験上に糧として残るものです。

けれど、 「誰かの意思」から始まったものは、 すでに「誰かが考え抜いた方法論」であるため、 それが「賢い方法」と思って踏み込むと 「バカをみます」。

そして、 「バカをみる(自分が)」かもしれないと思って 覚悟して実際踏み込むと、 やらなければわからなかった 「価値を見ます」。

始まりの考え方が重要なのです。

その「価値」を知った人だけに、 誰かに対して「価値」を与える事ができる人物になります。

この内容の始まりを見る


   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。