人生を固定するのも運命をつくるのも自分


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | モチベーション | 悩みを解消する考え方

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

このページの要点

・人生がつまらない人は自分でつまらなくしている。
・人々は公平に不公平である。
・自分の物やお金の運命を自分で決める。

*人生を固定するのも運命をつくるのも自分

今まで自分と同じ環境だった友人や知人が、 自分が想像もできない環境へ向かおうとするとき、 自分が成長していない気分になりませんか?

自分に近い人間だからこそ、 自分を写した鏡のように、 自分と同じように成長しないと、 置いていかれた気分になります。

実は、 それは誰もが体験する時期があるのです。
それが、 早いか遅いかの違いです。

その時期を体験することで、 人は違う道を選択するものだと実感して、 人は自分と生き方が違うと実感して、 それを素直に喜べない自分に嫌悪して、 反省や覚悟や先の人生を想像することを繰り返します。

人生の分岐と思える選択で、 進みたい道を選んで、 前向きに励める場合もあります。

人生の分岐と思える選択で、 進みたいけれど想像もできない道を避けて、 慣れた安全な道であり、 先の想像ができる道を 前向きに励む場合もあります。

それら一連の経験を繰り返すことで、 自分の生き方を決めて、 「人生を固定」させていきます。

固定した生き方を続けた未来に、 それが自分の生き方であり、 そのように生きられて良かったと感じられれば、 それはひとつの幸せです。

変化ばかりある生き方は、 ひとつの後悔しない生き方です。

けれど、 癖のように変化させていく生き方は、 失敗したときに、 直前の道の選択に対して後悔しやすいです。
それは、 生き方の一貫性の違いかもしれません。

闇雲(やみくも・考えなく先もに何も見えない行動) に変化させるのではなく、 「あなたらしい変化」を見つける事ができれば、 誰かに流されたわけでもなく、 抽象的な運命に動かされたわけでなく、 自分の考えで決めた「満足する生き方」のレールをつくり、 それを基盤として、 それを土台として、 その後どのようなアクシデントがあっても、 「満足する生き方」のレールの上での変化を 受け入れる事ができます。

人生の始まりは、 平等に「公平に不公平」でありますので、 お金が用意されている状態から始めた進路も、 お金が足りない状態から始めた進路も、 どちらの生き方にも良い面、悪い面はあります。
*

*身の回りにある物の一生を、あなたが左右できますか?


あなたが着ている服は、 あなたが着ているのか、 あなたが服に着せられているのか。

服に見合う人間であるかどうかは、 あなた自身が一番知っています。

自分が服に勝っていて、 「服の一生」を あなたが左右できるかどうかです。

それをお金に例えてみて下さい。

あなたが動かしているお金か、 それとも、 あなたがお金に動かされているのか。

物語のように想像すると、 王様のあなたが、 お金という兵隊を 反感なく動かせているかどうか。

お金という兵隊のコントロールを見失うと、 兵隊に裏切られるかもしれません。

「お金の一生」を左右できる王様のあなたは、 お金の進路を決めて、 お金と上手に遊び、 お金と上手に楽しみ、 お金で人を救うこともできます。

お金で運命が決められるのではなく、 運命を自分で決められれば、 お金の出入りも自分で決められます。

つまり、 「運命」とは 抽象的な想像の産物ではなく、 具体的なあなたの考えが、 誰の目にも表現できるように 具現化(ぐげんか・具体的に現実化された形)していくものです。

この内容の始まりを見る


   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。