誰もが痛みの解消方法を探している


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | ネットビジネス | 自分だけの資産 | 労働の種類

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

*誰もが痛みの解消方法を探している

悩みがあるとき
頭の中だけで考えますか?

何か調べたりしませんか?

もしも調べるとしたら
それは本を買って調べることですか?

本を買って調べるあなたは
とても博学で
「読むことが好き」な方です。

それでは
「読むことが好き」な方は
日本の人口からみて
どのくらいいるでしょうか。

小説に限らず
一ヶ月間で読書をする人は
0〜1冊の人が全体の50%です。

そして
日本総人口のうち
インターネットを利用している人は
約80%です。

インターネットを利用する目的のうち
メールの送受信やホームページの閲覧が
65%弱です。

つまり
半数以上の方は
情報をインターネットで得ています。

インターネットに慣れ親しんだ現在の若者は
高齢になるほどインターネットを利用して
自宅で情報を得ます。

インターネットで「役に立つ情報」というものは
ほんの数十秒で
目的の情報にたどりつくことです。

そして
「これはどうなんだろう」という疑問が
少しでも解消されることによって
「役に立つ情報」と呼ばれます。

疑問というものはストレスです。
そのストレスは時間が経過するほどに
苦しいものになります。

苦しいと感じると
それを発散するためにイライラし始めます。
それは
知りたい情報を得たことでスッキリします。

あなたの情報が
恐怖から緩和(かんわ・厳しさがやわらぐ)されるほどであれば
間違いなく「お気に入り」となります。

それは再び訪問したくなる信頼へつながります。
同じ「痛み」をひんぱんに感じる方は
それが癒しの空間にも成りえます。

情報は無限に用意できないかもしれません。
読まれ尽くされれば
利用されなくなるかもしれません。

何度も利用される空間となるためには
コミュニケーションが必要です。

ホームページの管理者であるあなた
もしくは
ホームページを訪問する「同じ痛み」を持った人が
その「痛み」を取り除く言葉を
与えられるような空間となることも
その人にとっては「形ある空間」です。

「形ある空間」と思われた存在感あるホームページは
そのテーマに合ったものを販売することができます。

その空間の情報を
本にするか
音にするか
動画にするか
関連商品を置くか
自社商品を置くなど

沢山の可能性へと変化します。

それは
ネガティブ(悲観的)な気分が
一時的にでもポジティブ(肯定的)に変化するようなものです。

積極的に
自分がする事のひとつひとつを
自分で認められることが出来れば

大抵のものは作り出せます。

それほど
「人の痛み」を解消できる空間は強いのです。

   ■良い労働へのひとつの考え方
    *

    *痛みの形

*





   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。