頭にある考えを外に出してブランドを作る


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | ネットビジネス | 自分だけの資産 | 労働の種類

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

*頭にある考えを外に出してブランドを作る

ブランドというと
とても大ごとに聞こえて
自分がブランドとなることが
恐縮な気分になる人がいるかもしれません。

逆に言えば
街にある一軒一軒が
ブランドをもったお店なのです。

ブランドとは
人によって
ある種のカテゴリを
区別するためのものです。

決して
高価なもの
希少価値が高いものが
ブランドではありません。

あなたが好きなお店はありませんか?
洋服を買うならここ。
居酒屋にいくならここ。
一軒だけではないとしても
あなたの中で
自分の心や見栄やお腹を満たすなら「ここだ」という
ある程度特定した場所があるはずです。

有名なお店よりも
誰にも知られていないお店。

一見さびれている居酒屋でも
そのお店でしか味わえない雑談。

人により
ブランドは違うのです。

インターネットであれば
あなたのホームページが誰かに
情報を見るなら「ここだ」
と思われるような存在になれれば最良です。

誰かには最良でも
他の誰かには物足りない情報や
解釈が違う情報に見えることもあります。

情報というものは
気に入る人だけが
気に入ってくれればいいのです。

全員に気に入られる事は無理です。
万人に当たり障りない情報は
退屈な内容になりやすいものです。

あなたの考えが無い内容は
あなたの考えを気に入る理由も無くなります。

同じような内容を区別するために
顔や名前を出す行為も
一見はとても個性を感じられ
堂々としているように感じます。

けれどそれは
「みんなで出せば怖くない」といった
みんながやっているから
自分も顔を出さないと
「時代に遅れている」という理由になりがちです。

あなたの中で理由があって
自分をオープンにすることは
何も悪くありません。

ホームページの内容が充実してきて
「これが私の作品です」と
オープンに自己紹介するのも良いです。

「私という人間を知ってから会話をしてもらいたい」
という理由でも良いです。

しかし
「みんながやっているから私もやらなきゃ」
という動機であると
中身でなく
見た目だけのアピールとなってしまいます。

そのような見た目のアピールから始まった
インターネットでの空間で
誰かに
「変だ」「生理的に合わない」「なにが目的?」など
本人の意に沿わない中傷を受けると
心が折れやすいものです。

内容がある情報をしっかり書いていると
誰に何を言われていても
「それも十人十色の考えだろう」と
全員に気に入られようとは成らなくなります。

そのような「考え」があって
自分を出していく事は
「信念」につながります。

人に関心があり
人に知ってもらい
人に感謝されることで
達成感につながります。

人に関心があるのに
関心が無いように見える事は
あなたの頭だけで世界が終わります。

あなたの頭にあるものを
外に出すことによって
感動を共有できて
新しいことを知れて
あなたの新しい世界が広がります。

   ■良い労働へのひとつの考え方
    *

    *あなたがブランド

*





   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。