失敗や欠点を見せる努力


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | モチベーション | 悩みを解消する考え方

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

このページの要点

・失敗しやすい弱みやクセは先に見せておく。
・悪意に敏感なほど向上できなくなる。
・謙虚さを身に付けると多くの人間に対応できる。

*失敗や欠点を見せる努力

失敗を自分自身の中で、 どのように解釈(自分なりに理解)していくか。

失敗をすると、 二度と失敗しないようにしようと思います。

二度としないようにしようと心に刻んでも、 失敗してしまうこともあります。

一見わかりやすい失敗を繰り返すときは、 自分の中で 失敗しやすいパターンがクセのようにあるものです。

*

クセを治すというものは難しいです。
けれど、 クセと思われそうなほどの弱みは、 それを隠すのではなく、 弱みを外に出しておくことによって 強みになる場合があります。

後々から誰かに弱みを悟られるくらいなら、 先に弱みを出しておくと 潔さ(いさぎよさ・強がってなさ)が見えて、 好感に繋がります。

自分の中の欠点やコンプレックスを人から指摘されると、 カンに障ることもあると思います。

最初からわかっていれば、 欠点やコンプレックスをわかった上で発言するので、 わざわざそこを突いてくる人も少なくなります。


*人は悪意に敏感です。


本当は鈍感の方が楽です。
それは、 悪意ではないのに 悪意に感じてしまうからです。

敏感であるほど 怒りっぽくなります。

人として潔癖に生きようとして、 いざ、大したことがないことを耳にして目にすると、 悪いことを言われたように感じる人もいます。

そのように感じる人は、 「自分は真面目に、間違いない事をしているのに……」と、 自分の生き方を知らない相手に対して 憤る(いきどおる・腹が立ちスッキリしない)事になります。

そんな時は、 生き方が人それぞれ違うものだと 理解してしまうしかないです。

ある程度の年齢がいけば、 だいたいその人の性格や人格は固まります。
それを変えようとするのは難しいです。
それを説得しようとするのも難しいです。

「そういうタイプなんだな」とか、 「それも一つの生き方かな」など、 解釈する心であることが 「楽」でもあり、 「人間の勉強」にもなります。

そこで勉強できたことを参考にして、 「そのような人でも役に立てるもの」 を作ることができれば、 「質」が変わります。

*世の中の「謙虚」な人は、 役に立つ意味を理解した人が多いです。



理解したから「謙虚」になれます。
理解したから争いが少ないです。

「そのような人のためにやりたくない」 という気持ちから、 「そのような人でも利用できる」 というものが作ることが出来れば、 「自分のようなわがままで神経質な人間でも利用できる」 と思えてもらえるような 「感謝の質」が上がります。

この内容の始まりを見る


   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。