繰り返し利用されるまでのホームページ


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | ネットビジネス | 自分だけの資産 | 労働の種類

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

*繰り返し利用されるまでのホームページ

ホームページへの再来がないということは
利用する人にとって
都合が良くなく
使う理由がないということです。

作り始めたばかりに感じる気配の無さは
短期的に見れば
やっている意味を感じなくなります。

自信がなくなり
無理だと感じて
理想と現実の違いに
先が見えない不安におちいります。

想像の世界では
このような会話ができて
このような評価がもらえて
このように感謝がされてと
こうなったらいいなという
幸せな想像をします。

それは可能です。

作り始めの状態が
何と比べるかにより
リアルにイメージが出来ることが出来れば
どれだけ進んでいるか想像できます。

作り始めの状態が
都会の中で商売をしているような気持ちと
田舎の商店街で商売しているような気持ちでは
心の持ち方が違います。

ホームページは
初めて訪問した人が
再び訪問する空間でなければいけません。

それは駅と同じです。
駅と同じように
ほぼ毎日利用される事になれば
必要な存在です。

駅というよりも
田舎のバス停留所と想像した方が良いかもしれません。

停留所に乗客が立っているのが
一時間に一回というよりも
一日に数回程度。
全く乗客がいないということも普通。
時期によっても変動して
世間のブームになる地域のように
突然訪問回数が増える可能性もあります。
全く気配のない時期もあります。

一人でも
何度も訪問されるようになった時点で
あなたのホームページに需要が生まれます。
その訪問する一人と
同じような感性の人が増えれば良いからです。

何度も訪問されるということは
あなたの作った空間に好感や興味があります。

好感や興味がある人から
ひとつの感謝がもらえれば
何人、何十人、何百人に
感謝がもらえる可能性があるのです。

感謝は価値です。
価値があるところは
社会性にも価値が高いです。

感謝した人は
感謝した事を
人に伝えたくなります。
訪問者全員が伝える訳ではありませんが
10人の感謝で2人でも伝われば
100人の感謝は20人に伝わります。

それを繰り返すことが出来る空間は
無人の空間から始まります。

沢山の人の目に止まるように
沢山の情報をゆっくり増やすことで
バス停留所に線路が作られ
新幹線が通過するような存在へと変化します。

感謝されることに
自宅のインターネットビジネスも
外で務めることにも
差はありません。

誰かにとって必要であることが
感謝につながるなら
必要になるまで続けることが大事です。

   ■良い労働へのひとつの考え方
    *

    *無人駅からの上京

*





   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。