礼儀正しく壁をつくらない


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | モチベーション | 悩みを解消する考え方

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

このページの要点

・マニュアル通りの礼儀は人間同士の壁をつくる。
・相手の事を知ることが礼儀。
・自分以外の人は自分以上の能力を持っていると考える。


*礼儀正しく壁をつくらない

「礼儀」はいつ学びましたか?
親からですか?
学校からですか?
友達からですか?
仕事からですか?

「礼儀」は、 あなたの経験値です。


けれども、 マニュアル通りの礼儀作法が 相手にとって無礼でないとは限りません。
マニュアルは、 自分が困らないためのものです。

マニュアル通りな礼儀を学ぶ人は、 それ以外の礼儀に 嫌悪感や違和感や緊張感を受けます。

自分の中での常識的な礼儀が 間違っているのではないかという不安や、 間違っていないと思いたいからです。

相手のことを知っている人ほど、 相手に合った礼儀ができます。

相手のことを知らないために、 最低限、もめ事にならないために、 マニュアル通りな礼儀を覚えます。

*

マニュアル通りの礼儀は、 当たり障りがないので
人間的な面白さがないものです。


見えない壁ができ上がります。


*本当の礼儀は、 どれだけ相手のことを 知っているかです。



相手に興味を持つことが 壁のない礼儀を作れる最善です。

一度も笑い合えないことには、 マニュアルから抜け出すことはできません。

親しみを少しでも感じるまでは、 馴れ馴れしさの理由がわからなくなります。


「失礼」ではなく「無礼」になります。


「失礼」と「無礼」は違います。
「失礼」は知らないだけです。
「無礼」は救えない人です。

相手のことを知ることは、 相手を敬うことです。

初めて仕事をする相手とは、 あなたの「礼儀」によって対応が変わります。


*礼儀正しい無礼者にならないことが大事です。




形だけ礼儀正しそうに見えても、 何も心がないと相手が感じた場合、 関わりたいとは思わなくなります。
関わりたくないと思われる人は、 救いようがない人と判断されます。

あなたを救える人は、 世の中に沢山います。
あなたの力に 少しの別の力が加わるだけで、 人生観は変わります。

あなたに出来ないことでも、 簡単に出来る人は沢山います。

常に自分の周りには 自分以上の力を持っている人がいることを信じて、 軽く見ないことが必要です。

人を軽く見る人には、 その人より良いビジネスをすることは できなくなります。

相手の過去を尋ねることが、 自分の未来を作ります。



   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。