プラス思考を生む一時的な結論


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | モチベーション | 悩みを解消する考え方

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

このページの要点

・プラス思考は納得できるひとまずの結論が生まれる。
・少しだけ苦手な分野を調べると新しい興味が生まれる。
・プラス思考は良い面と悪い面の全てを理解して進む思考である。


*プラス思考を生む一時的な結論

プラス思考にする考え方。
それは、 どれだけひとつの情報を深く調べ、 自分だけの解釈として、 ひとつの答えを、 見つけることが出来たかどうかによります。

目に入る情報。
耳に聴こえる情報。
匂いから判断できる情報。
食べて判断できる情報。
触れて判断できる情報。

混乱しそうな情報だらけの世の中で、 矢継ぎ早に飛び込んでくる情報に振り回されず、 疑問を一つずつ解消することから始まります。

ほかの人にとっては不必要でも、 あなたにとって必要であり、 同じことを体験しても ほかの人とは違う解釈と認識を持ち、 沢山の情報の中でも、 どこかに興味が見いだせるポイントが見えて、 ひとつの情報から、 あなただけの解釈した結果の哲学が生まれます。


*哲学とは、 確実で決定的な結論ではなく、 暫定的、 つまり、 一時的な結論です。




一時的な結論が出ることが大事です。
一見、どうでも良い事に感じても、 少し踏み込んで調べると、 後々、自分にとって、 とても関係がある情報はあります。

しかし、 最初の直感だけでは、 全くと言って良いほど 関係がない情報、 または、 自分にはまだ早い情報にも感じます。

世の中の情報を、 専門家並に 全て自分の解釈や答えを持つには、 時間が足りません。

最初は分野を絞り、 いいとこどりな調べ方で大丈夫です。
ひとつの分野で、 あなたが興味を少しでも感じる内容を探します。

*内容は、 その分野の全てに繋がっています。



興味が持てた内容を深く調べるために、 少し苦手意識が生まれる内容を調べます。
それは次第に 調べないと気が済まなくなる欲となり、 知る事によって 自分に納得できるようになります。

ひとつの事に対して、 良い面と悪い面、 都合の良い点と 都合の悪い点、 それが理解できた時、 プラス思考の意味が理解できます。

*

なぜなら、 「悪い結果の可能性」も 頭に入っているからです。

「悪い結果の可能性」は、 楽観主義よりも 強い意識を養えます。
悪い結果を回避できる 備えも出来ます。

プラス思考と楽観主義の違い。

楽観主義が 前向きで意識的な思考、 だとすれば、 プラス思考は 楽観・悲観、 あらゆる状況に 360度の視点で考えて、 その結果、 どのようになろうとも 受け入れる思考です。

その思考は近くにいる人にも伝わります。
すると、 信用されていない相手から、 信用を得ることができます。



   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。