運を理解して大きなチャンスを見つける


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | モチベーション | 悩みを解消する考え方

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

このページの要点

・都合が悪いと感じる気持ちを運が悪いという。
・大ごとを小事に感じられれば小事をチャンスにできる。
・今まで無関係と感じたものが全て関係があったと知る。


*運を理解して大きなチャンスを見つける

「運」とは何かを理解してみましょう。

「運」とは、 どのようなものですか?

「遊び心」で運が良くなると思うなら、 何も問題ありません。

「本気」で運が良くなる方法が あると思うなら、 「運」というものを 知らなければなりません。

「運」とは、 物事が起きた 「結果の良し悪し」です。


例えば、 自動販売機で 150円だけを握りしめて ジュースを飲みたい時、 お金を入れる直前に 50円玉を下に落としました。
どこに転がったかわからなくなり、 50円を探すことになりました。
100円では購入できない自動販売機です。
運が悪かったです。
*

諦めそうな瞬間、 誰かが落とした100円玉が見つかりました。
運が良かったです。

運とはこのような 本人にとって「都合の良い」事が起きた時に 運が良いと思うだけです。

この例えに加えて、 もしも 独特な文化がある村や町で、 お金を偶然見つける事が 不幸せとなる風習があるならば、 運が悪かったと感じます。

運とは、 あなたの経験した出来事や知識により、 悪い出来事でも良く思え、 良い出来事でも悪く思えます。

つまり、 運が良くなるという 占いや商品の キャッチフレーズや噂があったとしても、 運という存在は、 自分を結果的に慰める 「言葉」でしかありません。

それでも 運が悪いと感じないようにしたいのであれば、 悪い事が起きても対処できるほどの 経験と知識を身につければ、 「運が悪い」とは思わなくなります。

環境や状況は、 良くも悪くも感じることがあります。
経験や知識を身につけると、 なぜ悪い出来事が起きたかを 「考え方」で上手に解釈します。


*どれだけ「おお事」を「小事」にできるか。 どれだけ「小事」を「大きなチャンス」にできるかです。




知らなかったことを知ることにより、 普段耳に入らなかった情報が、 不思議と耳に入るようになります。

新しい興味を持った言葉やフレーズは、 どのような雑音の中にいても 耳に入りやすくなります。

それが耳に入らない時点で、 あなたはその情報を「知らない」ということです。
「知らない」ことを「知る」と、 流行りの音楽のように どこにいても耳に入ります。
今まで自分には関係がなかったと思えた言葉が、 自分に関係がある事ばかりだったと理解します。

「運」にゆだねるのではなく、 「プラス思考」の意味が理解できる 「考え方」が手に入ります。



   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。