ネットビジネスの意味を分解


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | ネットビジネス | 自分だけの資産 | 労働の種類

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

*ネットビジネスの意味を分解

あなたが
インターネットを利用した
ビジネスを考えているとき
あなたには


「ネットワーク」ビジネスではなく
「インターネット」ビジネスをしてほしいのです。


「インターネットビジネス」とは
知り合いや友人だけが通過するような
小規模の空間ではなく
全く知らない「不特定多数の人間」が通過する
大規模の空間であり
自然な形でその空間を気に入り
自分の意思で訪問する空間であり
役に立った結果に利益が生まれるものです。

「ネットワークビジネス」とは
少しだけ個人情報を知っている相手や
メールアドレスと名前や
連絡が取れる相手だけなど
「ある程度特定されている人間」を相手に
有益があるように誘導して
有益があるように紹介して
計算高く利益が生まれるものです。

インターネットを利用したビジネスは
両方を混ぜて
「ネットビジネス」と呼ばれています。


だから
「誤解が生まれやすい」のです。


インターネットは
自分の情報から
誰かの情報となり
知識となり
勉強となり
未来への糧となる存在です。

その空間で
ホームページのテーマと同じ企業の広告塔となり
訪問者の「求める宣伝」に出会えることです。

ネットワークは
「連鎖販売取引」と似た要素があり
個人の情報を沢山集めて
「分母」であるリストを増やすことにあります。
「分子÷分母」という関係は
「購入者÷リスト数」ということです。

例えば
十人のリストのうち
一人の購入者が存在するとして
「購入者÷リスト数」を数字にすると
「1/10」となります。

そして
「リスト数が一万」なら
「購入者が千人」という単純計算となり
「価格が千円」なら
「売上が百万円」という計算になります。

つまり
「リストの数を集めることだけ」が
ネットワークビジネスとなります。

連鎖販売取引は
良い情報やアフィリエイト商材などを
先に、早く抱えている方々で
リスト数である分母を
「沢山もっている方々が利益になりやすい方式」であるため
似て非なるものではありますが
マルチ商法やねずみ講に
とても似た構造になりやすいです。

ねずみ講は
「無限」連鎖販売取引であるため
「会員が無限」に増えていかないと
組織が維持が出来ません。
無限に増えることは
結果「不可能」であるため
違法性が高いものです。

あなたがインターネットでビジネスをする場合
「インターネット」なのか
「ネットワーク」なのか
方向性を決めなければなりません。

誤解が生まれると言ったのは
全く違うビジネスだからです。

   ■良い労働へのひとつの考え方
    *

    *リストの量が基本のネットワークビジネス

*





   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。