自然な興味は流行らせてはいけない


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | ネットビジネス | 自分だけの資産 | 労働の種類

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

*自然な興味は流行らせてはいけない

嘘は百回も目に触れれば
真実になる可能性があります。

ここでいう「嘘」と「真実」いうものは


「本当は興味がなかったところ(嘘)」
でも
「何度も目に触れるから貴重な場所(真実)」
という気持ちに変化する可能性です。

人が「興味がない」というのは
ただ、その考えを「知らない」だけです。

知らないことを
こちらから押し売りしても
拒否反応しか生まれません。

自分の意思で目に触れたものを
ものは試しと
その空間に入って
「なるほど」や
「関心」や
「感動」に繋がれば
「価値のある空間」となり
「お気に入り」という
自分だけの情報リストのひとつに加わるのです。

言葉は全て借り物です。
ほとんどの言葉遊びに繋がる言葉は
すでに誰かが思い
発言しているものです。

すでに発言をした言葉でも
年代や経験により
言葉の雰囲気を変えるだけで
全く新しい言葉に聞こえます。

または
忘れていた気持ちを
思い出させてくれます。

人に真似されるほどの
言葉の雰囲気を作り出せたら
誰かにとって
「大切な空間」となります。

それを
誰に勧められた訳でもなく
自分の意思で訪問した空間に
大事な情報が詰め込まれた
「価値がある空間」
と感じていただけます。

宣伝されてなく
誘導されていない
自然と足を運んだ空間が
希少価値を上げてくれます。

気をつけなければいけないことは
「流行らせたもの」は
寿命が短い空間になります。

流行っていると感じた人は
次の流行りを探します。

宣伝をして
流行らせたものが
流行らすほどの価値がないと思われた場合
宣伝が目に触れるたびに
嫌悪感へと変わります。

宣伝できるほどの
価値あるホームページを作れたとき
インターネット上での
ひとつの利用価値ある「駅」が誕生します。

リアル世界での駅を想像してください。
駅に広告ポスターがあったら
嫌な気分になりますか?


利用価値のある駅では
広告があるのが普通です。


ホームページに広告があると
嫌な気分になりますか?


利用価値の少ない空間の広告だから
嫌な気分になります。

   ■良い労働へのひとつの考え方
    *

    *流行らせたホームページの満潮感は短い

*





   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。