バカな自分に慣れる


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | モチベーション | 悩みを解消する考え方

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

このページの要点

・賢い人は勝手に自分の限界をつくる。
・バカな人は賢い人ができない事ができる。
・損をすると考える賢い人は損をする。

*バカな自分に慣れる

偏見ではなく、 あえて「バカ」という言葉を 多用します。

以前は「勇気」が必要だったことでも、 慣れることで「勇気」ではなくなります。
ある程度大人になってからの 「勇気の正体とは経験値」です。

経験値を増やして、 早い段階で進化するために、 どれだけ難しく考えずに、 自分自身がバカに「慣れる」かです。

世の中は、 沢山の表現と 複雑な考え方が網羅してます。

それゆえ「賢い人」ばかりいます。
賢いからこそ、 自分の限界を決めてしまいがちです。

バカな事ができる人は自由です。
馬鹿にされても、 注意されても、 同じ失敗をして 失敗したことも忘れて、 余計なことを考えずに やりたいことをやります。
そしてまた失敗します。

けれど、 やりたいことをやっているので、 何も後悔がありません。


「失敗して恥をかくことが普通」になっているのです。


だから時折、 大成功します。
周りの雑音が耳に入らないからです。
是非見習うべきだと思います。

賢い人には「勇気」でも、 バカ呼ばわりされる人にとっては「慣れ」です。
*

バカな人の方が 「小さな行動」を早く経験するので、 「本当の意味ある行動」へ続く 近道をしています。
そこに「独自の考え方」が備われば 最強です。

賢い人は「バカな行動」を避けるため、 「小さな行動」の経験が遅れます。
そうなると、 「考えがあるのに行動しない」 という結果 「宝の持ち腐れ」となります。


*バカな人には「一旦落ち着いて考える」ことが必要であり、 賢い人には「小さな行動を繰り返す」ことが必要です。




今までの自分と 違う発想が必要ということです。

どれだけ人の思考を追えますか?

人の思考を想像するというのは、 言うほど簡単ではありません。
本人も含め、 思考や考えはコロコロ変わると言って良いでしょう。

十代の頃のような、 流行りで表面に溢れる 個性の変化を表現するのとは違い、 働き盛りになると、 表面には見えづらい 「思考の個性」が活発となり、 「自分の生き方」という世界観となります。

ただし「自分だけの世界観」だけが増えると、 単純に視野が狭くなります。
そこで人は「新しい知識」を取り込みます。
けれどそれらは、 「自分で決めた生き方」ではありません。


本当に自分で決めたことか、 ただ世間の影響を受けて 「賢い人」となったかどうかを知るには、 「思考の真似」ではなく、 「人間を知る」ことが必要です。

バカだ! 損だ! と言われる事を、あえて行うとするならば、 自分がどんなものでも「貰う」ということを 後回しにすることです。



   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。