時間の無駄が貴重な時間


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | モチベーション | 悩みを解消する考え方

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

このページの要点

・先が読めるから時間が早く感じる。
・時間の無駄と思える出来事が大事。
・無駄と思える出来事を増やす事で人生を楽しくゆるやかにする。

*時間の無駄が貴重な時間

成人してから、 時間の流れが早く感じませんか?

時間が早く過ぎると感じる人は、 実際に時間を飛び越えていると思っても 間違いありません。

春夏秋冬、 いつからその季節があると知りましたか?

春がくれば、 その次に夏がくる。

当たり前すぎることですが、 その体験を小さい頃に繰り返したから 認識したのです。

季節が認識できた頃の時間は、 無限のように感じたはずです。
なぜかといえば、 認識できるまでは 先が読めなく、 新鮮だったからです。

*新しい知識の未来は、良い意味で先が読めません。


あなたが踏み出した領域の先に、 どのような方向性があるのかは、 踏み出さないとわからないものです。

一日の中で、 新しい知識に出会えて、 その知識を理解しようと励んでみると、 頭が重くなります。

頭が重くなることを、 頭が痛くなるともいいます。

*

頭が痛くなることを 理解しようと励むことは、 「時間の無駄」と考える人が多いです。

「時間の無駄」と考えて、 いつもの慣れた生活だけを行うと、 全ての先が読める一日なので、 一日が早く終わります。


*どちらかと言えば、いつもの慣れた生活が、 本当は「時間の無駄」です。




一日、一日を 大事に過ごしたいのであれば、 一見、頭が重くなるようなことに対して、 真剣に思考してみることが、 あなたの「時間」を緩やかにさせることになります。

新しい感性や、 新しい知識は、 春夏秋冬の存在を知った頃の、 自分には知らないことが沢山あるという 狭くなった視野が広がる未体験が沢山あります。

「時間が長く、遅く感じる」瞬間とは、 学生のころ 眠くなるような授業の数十分の 「苦痛に感じる時間」。

または、 昨日までの一週間・一ヶ月・一年を振り返り、 沢山の出来事が思い出せる 「充実したと感じる時間」。

または、 未来に待ち受ける 「心が充実できると期待のある出来事までの時間」。

「時間が短く、早く感じる」瞬間とは、 今しか味わえない有意義と感じる 「楽しい時間」。

または、 昨日までの一週間・一ヶ月・一年を振り返り、 出来事が中々思い出せない 「同じ日々だったと感じる時間」。

または、 未来に待ち受ける 「心に痛みを抱えると予想される出来事までの時間」。

つまり、 「未来に期待ある出来事を増やす」ことが、 あなたの一回しかない人生を、 生きたと感じられる思い出と、 後悔のない過去を作り出せます。

そのために、人は「自由になる時間を買う」のです。



   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。