付加価値の宣伝


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | ネットビジネス | 自分だけの資産 | 労働の種類

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

*付加価値の宣伝

あなたは今まで
宣伝された「商品」が欲しくて
買っていましたか?

職種によって変化しますが
営業であれば世間話の会話がどれだけ出来るかの
人間関係のつくりかたが価値になります。
つまり、その商品を扱う
人間に対しての価値です。

高価な商品を購入するときは
その商品を取り扱う
お店に対しての価値を買うのです。

雑誌の最後のページによくある
使用するだけでお金を増やしてくれる
「黄色い財布」の宣伝。
欲しいと思った場合
財布が欲しいわけではありません。
お金が増えるという
神秘に対しての価値を買うのです。

100円以下で購入できるコーラを
どうやって一万円で売りますか?
砂漠ならきっと買うことでしょう。
過酷な空間に対しての価値を買うからです。

ピザ屋や各種美容系の店舗から
DM(ダイレクトメール)のハガキが自宅に届くと
そのクーポンを利用したことがありませんか?

本当はクーポン付の商品が
欲しいわけじゃありません。
以前に食べた
楽しい気分や感情を
思い出したからです。

けれど、きっと注文した理由は
クーポンを利用したいからと言うはずです。
逆に悪い思い出がある場合
すぐにゴミ箱へ入れることでしょう。

つまりDMは
「忘れていた感情」を
「思い出させる」ためです。

どのような商売でも
どこのお店でも同じやり方でしたら
どこで購入しても良いことになります。
そこで必要なのが特徴です。
例えば、次のような特徴です。


日本一まずいラーメン。


食べたいと思わなくなりますか?
どれだけ「まずい」か食べてみたくなりませんか?
おもしろいという感情が生まれます。
どれだけ「まずい」かというところがです。

つまり、本当に売りたいラーメンを売るのではなく
そこのラーメン屋でしか味わえない
「体験」を売るのです。

けれど、きっとまずいものは出てきません。
いわゆるB級グルメか
全く違う商品がとても美味しいことでしょう。
私は、あるそば屋の定食メニューにあった
カツ丼が大好きでした。
つまり、どれだけ視点を「ずらした」かです。

売りたいものが決まっているのであれば
どれだけ
「ずらす」か
「テーマを加える」か
「環境や空間に価値を与える」か
「痛みを緩和させられる」かです。

   ■良い労働へのひとつの考え方
    *

    *訪問者から返事ができるホームページ

*





   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。