ブログとホームページ


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | ネットビジネス | 自分だけの資産 | 労働の種類

有意義な労働

* *
*
良い労働へのひとつの考え方

*ブログとホームページ

ブログとホームページの違い。
簡単に違いを表現しますと
「変わる」ものと「変わらない」ものです。

記事の情報に
薬や家電商品の値段などあった場合は
どうなるでしょう。

価格が永遠と変わりませんか?
その商品が数十年後も存在していますか?

ホームページで書いた場合
値段が変わったら
更新しなければなりません。

商品の記事が100ページあれば
数ヶ月ごとに100ページの記事を
更新しなければなりません。

それは永遠の作業であり
すたれる情報です。

ブログであれば
公開日付までの旬な情報であり
短期的な情報が欲しい人に向いています。

ホームページは
100年後でも
「変わらない情報」でなければなりません。

有名な故人の詳細であれば
永遠と変わりません。
活動中の人物であれば
更新の必要があります。

薬の成分に関しても
永遠と変わりません。
薬の商品に関しては
更新の必要があります。

動物の生態に関しても
激しい進化がない限り
ほぼ永遠と変わりません。

100年後でも
知らない人に対しての情報であれば
半永久的に役に立つ情報です。

その変わらない情報に
テーマと関連した商品の紹介があった場合
興味が生まれます。

では、興味が湧いたから
紹介している商品を購入するかと言うと


まず買いません。


商品の成約につなげたい場合
商品の情報をどれほど公開しても
商品が欲しくなるわけではありません。

その商品が購入されたときは
最初から「その商品が欲しかった」人です。
結果的に「運が良かった」だけです。

人が物を欲しくなるときは
ほとんど「衝動的」に生まれた感情です。

「計画的ではない」感情であるわけですから
購入する理由を加えなければなりません。
ここで勘違いをしてはいけないことは


「商品が欲しい人などいない」ことです。


物が欲しいという衝動は
生きることに必要なものではありません。
最低限の衣食住に加えて必要に感じる物は
生活が更に豊かに感じるという欲です。


「必要」とは「必ず要る」ものです。


生きていくのに「必ず要る」ものは
普段生きているのであれば
すでにそろっているはずです。

「必ず要る」ものでなくても
「必ず要る」と感じるのであれば
自己実現や満足につながる「何か」です。

その感情が生まれるものが


「付加価値」です。

   ■良い労働へのひとつの考え方
    *

    *流行りを追わないホームページ

*





   ■良い労働へのひとつの考え方
    *



大事なことの内容説明


参考ページ:結果が悪くても応援はされる        



参考ページ:やり甲斐を求めないことが究極のやる気   



仕事の悩み・相談フリー掲示板



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。