直接伝えなくても相手には伝わる


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | モチベーション | 悩みを解消する考え方 | 心理学

有意義な労働

* *
*
やる気を上げる方法を知る考え方

このページの要点

・直接言葉を伝えるより別の人に話した方が本人に伝わる。
・別の人から伝わってきた言葉は本音に聴こえる。
・特定の人物の話は良い話だけにする。


*直接伝えなくても相手には伝わる



あなたの気持ちや感動や好意が、 「伝えたい相手」に 届かない時がありませんか?

職場では、 良く働いてくれている部下に、 または、 良い指示や尊敬できる仕事をする上司に、 称えたい気持ちが 中々伝えられない時があります。

恋愛でも、 伝えたい相手に直接伝えても、 好意が相手に伝わらないことがあります。

良い商品の 良さを伝えたい購入者に宣伝しても、 素晴らしい商品の良さが 伝わらないことがあります。

職場であれば、 きっと直接伝えている時もあるかもしれません。
けれど、伝えた賞賛や褒めが 「届いていない気分」になることもあります。
*

直接伝えることが 一番間違いない方法のように思ってしまいがちです。
けれど、 あなたが直接伝える言葉は、 「伝えたい相手」にとって、 言葉の裏や、 逆の捉え方をしてしまうこともあります。

例えば、 上司が「部下A」に直接 『あの仕事は良かった』と言うと、 言われた「部下A」は 『(それなら別の仕事はダメだったのかな)』と、 余計な想像をします。

けれど、 上司が「別の部下B」に、 『Aくんの仕事は良かった』と言うと、 「別の部下B」から「部下A」に、 間接的に『上司があの仕事を褒めていた』 と伝わります。
「部下A」は素直に喜びます。

直接伝えたい気持ちは、 「別の人間」に その気持ちを話すことによって、 素直に賞賛や褒めが 「伝えたい相手」に伝わり、 素直に受け止めることが出来ます。

*

「別の人間」から、 「伝えたい相手」に伝えるように お願いするわけではありません。

良い話、 悪い話、 これは「伝えたい相手」まで届いていくものです。
こういった 直接「伝えたい相手」に、 「別の人間」から素直に伝わる効果を


ウィンザー効果」といいます。


「噂」といえば わかりやすいかもしれません。

「口コミ」も 同じ効果となります。

あなたの言葉を「伝えたい相手」には、 あなた本人から聞くより、 第三者である 「別の人間」からの話のほうが、 多くの人に「あなたの本音」だと受け止められます。

そして、伝わった相手は、自分までに「伝わる経緯」を想像することで、 すでに「沢山の人間」に伝わっている内容だと感じます。

あなたが 自分のやる気や、 誰かを褒めたい気持ちがあるとき、 沢山の人に 「良い話」をするべきです。

あなたの知らないところで、 その「良い話」は 全員に伝わっていると思って間違いないのです。

伝えたい「やる気」は 全員に伝わり、 「良い話」であれば あなたの気持ちを応援する人が 沢山増えていきます。

逆に「悪い話」は、 沢山の人が あなたとの距離を空けたくなりますので、 「悪い話」はなるべく避けたほうが良いです。
「悪い話」とは、 愚痴や嫌悪感やダメ出しなどです。

「やる気」や「賞賛」などを伝えるときは、 「伝えたい相手」に伝えることも大事ですが、 まっすぐな気持ちは、 周りの人に話すことの方が 「伝えたい相手」に伝わることがあります。

あなたの素直な気持ちは、 ちゃんと伝わります。

*
   ■やる気を上げる方法を知る考え方
    *


 ■類似タイトル
 
 

 
 
 





     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。