価値観が違うから知ることができる感性


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | モチベーション | 悩みを解消する考え方 | 心理学

有意義な労働

* *
*
やる気を上げる方法を知る考え方

このページの要点

・価値が高くて手に入らないものを手に入れたくなる。
・高価なものが良いものに感じてしまう。
・価値観が違うことを認め合えれば仲良くなれる。


*価値観が違うから知ることができる感性



価値観が違う友人や知人が、 全く同じ商品を購入して、 自分も同じ商品を購入していたら、 嫌な気分になりますか?

もしもその人が、 自分にとって好ましくない相手と感じていれば、 なおさら嫌な気分になるかもしれません。

多くの人が所有しているものを、 欲しくなくなる事があると思います。

特定の人ではなくても、 人気があり、流行していて、誰もが持っているものに、 知名度や量産が増えれば増えるほど、 あなたにとって価値が低く感じる事があると思います。

入手するのが困難なほど価値が高く感じて、 手に入りづらいものほど、 手に入れたくてしょうがない気持ちです。

*

本来は、 人が持っているから自分も欲しくなるという 安心感を欲しがります。

けれど、世の中に選択肢が増えて、 今しか手に入らない限定品や、 二度と手にすることができない物の流通が増えると、 その中で、 「購入の難しい商品や価値を手に入れたい」 と考えます。

誰でも購入できるということは、 自分は周りと同じに感じたくなくて、 自分は周りとは違うという差別化の意識が働き、 希少価値が高いものを欲しくなる現象を


スノッブ効果」と言います。


人が持っていないものを持つということは、 たいていは高価なものになりやすいです。

*

高価なものを所有できるという事は、 それだけ自分のステータス(地位や身分)を 証明したい気持ちの現れとなります。
自己顕示欲(自分の存在感を強める)が強い場合や、 高いものが絶対に良いと考えて、 値段が高ければ高いほど価値が高まり、 高価なものを欲しくなる現象を


ヴェブレン効果」といいます。


高価なものは、 確かに良質なものが多いです。

高価であるということは、 価格の低いものとは違うセンスや質があります。
それは生きていく上で、 必要な欲求です。

高価なものを購入する人の欲求を知りつつ、 その欲求を認めてあげる事ができれば、 あなたが量産な物を好んでいても、 その人と仲良くなれます。

仲良く会話できれば、 量産な商品の良さというのにも、 聞く耳を持ってくれます。

お互いの価値観の違いに壁を作るのではなく、 認め合うことで、 違う感性を持った人と仕事や交流ができます。

*
   ■やる気を上げる方法を知る考え方
    *


 ■類似タイトル
 
 

 
 
 





     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。