人を教育できれば妬みも解消できる


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | モチベーション | 悩みを解消する考え方 | 心理学

有意義な労働

* *
*
妬みを克服するのに必要な考え方

*人を教育できれば妬みも解消できる



妬む気持ちが強い人は、他人に何かを教える事が苦手な人が多い傾向があります。

人を教育するというものは難しいものです。

どこまで教えれば、新人が業務を覚えてくれるか。
どれだけ時間を掛ければ、学んでくれるか。

それらは自分自身が新しい事を覚えることよりも難しいものです。

教えることが苦手な人は、教えたことを簡単に覚えてくれないと怒りやすくなります。

教えることが向いている人は、別の角度から教えられる方法を探すものです。

*

妬む相手が自分を追い抜いたり、ちやほやされる理由は、多くの人に対して伝わりやすい会話ができることが多いです。

伝わりやすい会話ができるということは、人を教育できる可能性も高くなります。

人を教育できる可能性を感じると、その人の周りには人が集まります。
そして、知識や経験がなくても、会話ができる人の方を上司として持ち上げたくなります。

伝わりやすい会話というものは、人によれば簡単であり、人によれば難しいものです。

よくある現象の例として、自分では伝えているつもりでも、相手に内容が伝わっていない場合があります。

その現象は、頭で描いていたイメージの途中から相手に話し始めてしまった場合にあります。

話を聴く人は、何を言わんとしているか頭の中の思考を沢山回転させて理解しようとします。

沢山考えても理解が難しいと感じた人は、その後、その人の話を聴くこと自体をさけようとしてしまいます。

なぜ話が伝わらなくなるかと言えば、簡単な理由は、主語が抜けている場合が多いです。

加えて言えば、頭の中で何度も言葉を想像していたことで、すでに言った気持ちになっているからです。

そして、相手に伝わっていない事に気づくと、わかりづらい事を言った自分がミスをした気分となり、恥を隠すために怒りやすくなってしまいます。

このような人は、いわゆるプライドの高い人と呼ばれています。

*

人を教えたことがないけれど、知識が多い人や、経験が多い人は、言葉が単発で短くなりやすいものです。

なぜかと言えば、短い言葉の中に沢山の意味が込められているからです。

それによって、聴く人の勘が良くなければ理解するのに時間が掛かるものです。

短い言葉というものは、言葉を発する側には簡単であり、楽であり、教えた気分になります。

教えた気分になっている状態で相手が理解していないと、相手の能力が低い人物だと決めつけてしまう事もあります。

ここまでを踏まえた上で、妬みやすい傾向の人は、他人を教育することが好きではない場合が多いです。

もしも、妬んでしまう自分が嫌いなのであれば、人を教育し始めた時から、妬みという雑念が減少していきます。

なぜかと言えば、人に教えながら人を妬むことは難しいものです。

*

妬んでいる暇もなくなり、学んだと感じた人から感謝と敬われる気持ちを感じることで、自身の知らなかった人間性が新しく生まれていきます。

親切心で教育しても、感謝されない場合もあります。
それは、今まで学生であった場合などであり、教師や教授や、常に誰かから教えられて育った人生であることから、教えてくれることが当たり前と感じているからです。

人に教育するということは、自分に教えているようなものです。

どのようにすれば、プライドの高い自分が素直に話を聴くだろうと考えながら人を教育していくことで、妬んでいた自分とは決別できる事にも繋がります。

*

妬むことができる人は、それだけ頭に余計な事を考えられる余裕がある人です。

別の方向性へと忙しくする事で、まがまがしい気持ちから新しい自分を発見する方向に変化することもできます。

教育するつもりでなくても、友人に自分が学んだ事を伝えることで、友人と共に向上していくこともできます。

妬みに使うエネルギーがご自身の向上に繋がることを願います。




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。