妬まれるほどの魅力を身に付ける


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | モチベーション | 悩みを解消する考え方 | 心理学

有意義な労働

* *
*
妬みを克服するのに必要な考え方

このページの要点

・妬みとは羨ましさと悔しさの塊である。
・妬んでくる相手が一番の味方になる可能性がある。
・妬まれるのは魅力である。
・妬まれる事と妬まれない事のリスクは同じである。

*妬まれるほどの魅力を身に付ける



妬まれることが好きな人は少ないかもしれません。
妬むことが好きな人も少ないかもしれません。
けれど、妬まれるという感情は、積み重なった羨ましさ悔しさの塊です。

妬むということは、それだけ妬む相手の事に興味が強いものです。
いつも気にかけているので、妬む相手である本人よりも詳しく長所と短所を分析しているものです。

*

むしろ、妬んでいると感じる相手に自然と、そして正直に話しかける事で、一番の敵が一番の味方に見えてくるかもしれません。
良きライバルとして、良き助言者として大切な存在となる場合もあります。

特に妬みが強くなる原因は、行動や結果だけばかり見ていて、お互いが人間性をよくわかっていないからです。

ひとつの空間や職場であれば、あとから入社した者に追い抜かれると、妬みという感情が突然芽生えるかもしれません。

追い抜ける実力があるのであれば、追い抜きましょう。
あとから入社した者が追い抜いても良いのです。

どれだけライバルが素晴らしい立ち振る舞いをしている人でも、自分より優れている結果を見た瞬間、妬みは生まれるものです。
けれど、妬まれるという事は、ひとつの魅力なのです。

人に中々できない事ができる人は、妬まれることに慣れています。
むしろ、羨ましく思われたく、悔しく思われたいから頑張る人もいるものです。
それだけ妬まれることに慣れていくと、妬まれることに対処する方法も身に付いているものです。

*

嫌われる事をわざとしていないのであれば、妬まれるという感情は、防ぎようもないものなのです。
全員に気に入られる事を考える行動には、わざとらしさが見え隠れするものです。
そもそも、全員に気に入られること自体が不可能ですので、我が道をゆくという気持ちが必要な場合もあります。

妬まれるのは怖いものです。
妬んだ相手がどのような行動をしてくるのかはわからないものです。

その恐怖が、あなたの行動を消極的にしてしまう事もあるかと思います。
けれど、それを正当に評価してくれるのは、部下であり、上司でもあります。

積極的な行動で妬まれるリスクと、消極的な行動で相手にされないリスク同じものです。
頑張って行動して、新しい仕事をもらえるのと、頑張らずに仕事をもらえないのは、どちらが辛いでしょうか。
どちらにしてもリスクがあるのなら、消極的になる理由は、よく考えれば無いものです。

自身の新しい魅力や可能性は、新しい仕事や、普段と違う行動から見つけることができます。
妬まれるのを怖がる前に、自分がやりたくて、自分にできることの限界や可能性に挑戦してみましょう。

*

何度か挑戦した先には、妬まれることは、登竜門であり、通過点であり、過去となります。




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。