結婚が向いていない人は幸せになりたい人


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

良い労働 | 有意義な労働 | 労働への考え方 | モチベーション | 悩みを解消する考え方 | 心理学

有意義な労働

* *
*
結婚をするのに必要な考え方

このページの要点

・結婚は相手を幸せに感じさせるためのもの。
・自分が幸せになりたい人は相手の人間性以外の部分に惚れている。
・アクシデントがあって別れたくなったなら、元々好きな人ではない。
・どうすれば交際相手が幸せになるか考えてみる。


*結婚が向いていない人は幸せになりたい人



結婚は何を基準にしていますか?

思い出に残る結婚式をしたり、 ささやかながらにも小さなお家を建てたり、 自分に似た可愛らしい赤ちゃんの顔が見たかったり、 穏やかなペットを飼ったり、 健康を維持すること。

このような感じでしょうか。
きっと絵に描いたような素晴らしい一生だと思います。
*

もしも、これらが「自分の幸せのため」に描いた絵であるのでしたら、 おそらく幸せにならないかもしれません。

結婚はあなたが幸せになるためのものではなく、 「結婚相手を幸せにするためのもの」です。

もう少し柔らかい表現を致しますと、 結婚は「結婚相手が幸せを感じて」から、 「あなたが幸せを感じる」ものです。

結婚が向いていない考え方」を言いますと

私は幸せになりたい」。

この言葉に尽きます。
一見は当たり前に聴こえるこの言葉。
不思議な事に、 この言葉を唱えた人は「幸せにならない」可能性が高いです。
なぜなら、 「自分が幸せになったと感じた見返りに結婚相手を幸せにする」、 と言っている言葉だからです。

*人間以外の部分に惚れていませんか?

長年連れ添って離婚した場合、 全てではありませんが、 成り行きや他人からの導きがきっかけで交際した可能性があります。

成り行きや他人からの導きは、 相手の良いところや悪いところを感じて、 それを踏まえて一緒にいてもいいと感じた事で、 一生の相手として選んだ相手です。
それなのに、どうして離婚に繋がるかと言いますと、 「好きになってから交際した相手ではない」からです。

良いところというものは

仕事
考え方
金銭面
健康面
容姿
性格
技術であり能力

それぞれの複合的な要素により良いと決まります。
悪いところも同じです。
*

仕事が無くなったら嫌いになりますか?
お金が無くなったら離れたくなりますか?
不健康になったら面倒ですか?
容姿がダサくなったら一緒に歩きたくなくなりますか?

むしろ

仕事をしていなくて
お金もなく
健康状態に多少なりとも不安があり
容姿が一般的に素敵でない

そのように最初から相手を好きになれた場合、 一生好きでいられる可能性は高いです。
なぜかといえば、 無条件で好きだからです。
何かをしてくれたから好きではなく、 なぜかわからないけど好きなのです。

*

好きな感情があれば、 浪費家でも、 自己中心的でも、 家事ができなくても、 それらのどれかに偏っている事だけが理由で別れたいとは思わないものです。

やんわりと落ち着いてくれればいいなと願いながらも、 完全にそれらが今までより変わってほしいとか、 それが「許せない」などは思わないものです。
「好き」という感情は欠点も含めて寄り添いたいものです。

最初より大きく性格が変わってしまったから嫌いという事は、 その相手でなくても良いことになります。
つまり、それは都合の良い交際相手であり、 「好き」とは違う感情が大きく混ざっています。

*相手の好意を受け止めるなら、真っ直ぐ受け止める。

お互いが最初から好きであれば最良ですが、 お互いが突然同時に好きという可能性はとても低いです。

どちらかの好きな気持ちが相手に伝わってから、 相手に対して「好き」を意識する場合がほとんどです。

それならば、 どちらかが好きであり、 どちらかがそこまでの好意が最初からなければ、 結局別れてしまうのではないかと言われそうですが、 そうでもありません。

別れるとすれば、 相手がその好意を利用した場合です。

相手の好意を受け止めて、 その気持ちを大事に気持ち良く受け止めた場合、 その気持ちがとても尊く感じるので、 悪だくみのない気持ちで受け止めるのであれば、 ずっと続きます。

*

相手の「好き」の気持ちを本気で受け止めるつもりもなく、 その気持ちを利用して誘導するような行為は、 反省しない限り幸せにはならないです。

そして、 幸せになりにくい生き方を無意識にするものです。
なぜかといえば、 人を幸せにしたいという気持ちが少ないからです。

*バックグラウンドに魅力を感じない交際をする。

「好き」を真面目に受け止めたとして、 交際を続ける中で、 誰にでもさまざまなアクシデントがあります。
そのアクシデント以前に、 相手の背景に魅力を感じた人は幸せになりません。

お金に魅力を感じて交際した人は、 お金に苦労します。
お金が無くなったら別れますか?

仕事に魅力を感じて交際した人は、 仕事に苦労します。
クビになったり倒産したら別れますか?

容姿に魅力を感じて交際した人は、 容姿に苦労します。
顔に怪我をしたり不潔になったら別れますか?

家柄に魅力を感じて交際した人は、 家柄に苦労します。
絶縁したら別れますか?

なぜそのようになるかと言えば、 最初が最高のイメージであるがゆえに、 その魅力が最高の状態より下がるからです。

そして、 いつもその魅力の事ばかり考えてしまうからです。
その執着心は、 誰の目にも止まるほど、 特定の魅力に囚われている事がわかります。

*

その魅力が以前よりも減少した時になって、 なぜ一緒にいるのかわからなくなります。

最後に求めるものは、 せめて、いつもそばにいる事です。
それさえも失われると、 一緒にいる意味がわからなくなります。

若気の至りでとりあえず付き合ってから始まった恋は、 一緒にいなければいけない理由を考えてしまうものです。

一番そばにいたくなる強い理由が、 最初から「好き」だからです。

*

孤独が向いている人は、 何度か恋に失敗した人や、 特定の相手をつくらない状態であり、 1人でいることが楽しい人です。

今現在、 一緒にいる理由を悩んでいる人がいると思います。
これらの理由で一緒にいたくないと感じた人もいるかもしれません。

結婚が向いている人は幸せにしたい人」です。

それなら、 今から交際相手、結婚相手が、 どうすれば幸せになるか、 幸せにしていくように試みてみましょう。
その瞬間、あなたの「好き」が始まります



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。