魅力あるホームページへと繋げるRSS


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

創作活動歴 | 作品紹介 | 小説投稿サイト | ホームページ | おすすめ小説 | サウンドアドベンチャーゲーム

執筆への道標

* *
*
創作ホームページ

魅力あるホームページへと繋げるRSS

ホームページの作成に慣れていくと
ほかのホームページを眺めたときに
自分のサイトでは掲載できないような
面白さや魅力を感じます。

その魅力が自分のホームページに掲載したくなるほどの魅力があり
ダイレクトにそのサイトの情報を見てほしい場合は
RSSを利用します。

RSSは記事の内容ではなく
記事の見出しやタイトルへのリンクです。

タイトルや画像や日付や概要。
そのような項目が更新されると自動的に上位表示されます。
次がRSSのコードになります。head内に入力します。
(※のある注意事項は入力時には必要ありません)

<script type="text/javascript" src="https://www.google.com/jsapi"></script>
<script type="text/javascript">

google.load("feeds", "1");

function initialize() {
var feed = new google.feeds.Feed("http://●●●");※RSSのURLを""の中に入力します。
feed.setNumEntries(5);※表示したい件数を指定します。現在は(5)を3件にしたい場合は(3)。
feed.load(function(result) {
if (!result.error) {
var container = document.getElementById("feed");※RSSが増えるたびに"feed2"や"feed3"など重複しないidを入力します。
for (var i = 0; i < result.feed.entries.length; i++) {
var entry = result.feed.entries[i];
var dd = new Date(entry.publishedDate); // now
var yearNum = dd.getYear();
if (yearNum < 2000) yearNum += 1900;
var m = dd.getMonth() + 1;
if (m < 10) {m = "0" + m;}
var d = dd.getDate();
if (d < 10) {d = "0" + d;}
var date = yearNum + "." + m + "." + d + " ";
container.innerHTML += "<p>" + date +" <a href='" + entry.link + "' target='_blank'>" + entry.title + "</a></p>";
}
}
});
}
google.setOnLoadCallback(initialize);

</script>


ここまで


表示したい場所に次のコードを配置します。

<div id="feed"></div>※RSSが増えるたびに"feed2"や"feed3"など重複しないidを入力します。

ここまで



日付など不要で箇条書きのように表示したい場合は次のようになります。


<script type="text/javascript" src="http://www.google.com/jsapi?key=ABQIAAAA7_2e7OzfQnVgCZgpBhg3_RRuFDZRL6kVjV5uEtK0eNiWSesqyRQLz2Yqzy4YWkbEdJbTDPQHNS4Itg"></script>
<script type="text/javascript">

google.load("feeds", "1");

function initialize() {
var feed = new google.feeds.Feed("http://●●●");※RSSのURLを""の中に入力します。
feed.setNumEntries(1);←表示したい件数を指定します。現在は(1)を5件にしたい場合は(5)。
feed.load(function(result) {
if (!result.error) {
var container = document.getElementById("feed");※RSSが増えるたびに"feed2"や"feed3"など重複しないidを入力します。
for (var i = 0; i < result.feed.entries.length; i++) {
var entry = result.feed.entries[i];
var dd = new Date(entry.publishedDate); // now
var yearNum = dd.getYear();
if (yearNum < 2000) yearNum += 1900;
var date = '' + yearNum + "年"+(dd.getMonth()+1)+"月"+dd.getDate()+"日 ";
container.innerHTML += "<li><a href='" + entry.link + "' target='_blank'>" + entry.title + "</a></li>";
}
}
});
}

google.setOnLoadCallback(initialize);

</script>


ここまで

表示したい場所に次のコードを配置します。

<div id="feed"></div>※RSSが増えるたびに"feed2"や"feed3"など重複しないidを入力します。

ここまで


RSSを並べて表示したい場合に
タイトルが長く、改行してしまうことがあります。
例えば
「 ここではコピペができるRSSのコードを紹介してます 」

というタイトルであった場合に

「 ここではコピペができるRSSのコー
  ドを紹介してます 」

といった形で横幅により改行してしまいます。
そのような場合に次のような形にすることができます。

「 ここではコピペができるRSSのコ… 」

といった形で横幅に合わせてタイトルを省略できます。
箇条書きのRSSの場合になりますが
次のコードをCSSに加えます。
(RSSが増えるたびに"#feed2 li"や"feed3 li"など重複しないidを入力します。)

#feed li{
overflow:hidden;
text-overflow: ellipsis;
-webkit-text-overflow: ellipsis; /* Safari */
-o-text-overflow: ellipsis; /* Opera */
white-space: nowrap;
}

ここまで

RSSが増えるたびに必要分のコードをワンセットずつ増やします。

RSSのURLを備えていないサイトの場合には
こちらでRSSのURLを作成することができます。

RSS Creater

RSSを作成したいサイトのURLを入力します。

「 CONVERT 」というボタンをクリックします。

サイトが表示されましたら
RSSとして表示したい箇所の先頭を一度クリックします。
そのタイトルだけ色が変化します。
次にすぐ下のタイトルを
キーボードの「 shift 」を押しながらクリックします。
残りの関連性の高いタイトルが全て色が変化します。

「 フィードを作成 」というボタンをクリックします。
表示されたURLがRSS用のURLとなります。
最初はランダムな順番や日付になりますが
新しいタイトルが更新されるたびに正しい順番になります。
順番が変化しない場合もあります。

RSSを許可していないサイトもありますので確認することが必要です。
基本的にリンク自由なサイトであれば大丈夫な可能性は高いです。
不安な場合は問い合わせる事をおすすめ致します。

自分のサイトの更新情報などをRSSで表示したい場合は
Fumy RSS & Atom Makerのソフトを利用することもおすすめ致します。

Fumy RSS & Atom Maker

フリーソフトです。少し高度に感じますが
順序よく時間を掛けて取扱説明書「 fRssAtom.chm 」
を眺めると快適に利用できます。
基本的に更新した全ての記事のタイトルが更新順に表示されます。
表示件数は勿論制限できます。
表示したくない記事は除外することもできます。

自分のホームページのRSSを作成することにより
ほかのホームページであなたのRSSを設置することも可能になります。

皆さまのホームページが
魅力あるホームページへ繋がる架け橋となることを願います。



   ■創作ホームページ 一覧へ戻る
   *


 ■類似タイトル
 
 
 ■類似タイトル
 
 
 ■類似タイトル
 
 
 ■類似タイトル
 
 
*




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。