メルマガで何度もリピートしてもらうDRM


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

創作活動歴 | 作品紹介 | 小説投稿サイト | ホームページ | おすすめ小説 | サウンドアドベンチャーゲーム

執筆への道標

* *
*
創作ホームページ

メルマガで何度もリピートしてもらうDRM

前回は
「プロダクトローンチ」に関する説明をしましたが
販売するのには「順序」があることを
理解いただけましたでしょうか。

今回は
「プロダクトローンチ(PL)」と似た手段となる
「DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)」
を説明します。

「DRM」は「PL」と似ていますが
考え方が異なります。

「DRM」が先であり
「PL」は後から作られた手段であります。

一見すれば

リストを集めて
教育して
販売する

といった一連の流れは同じですが

「PL」が
爆発的な利益を上げる方法だとすれば
「DRM」は
年数を掛けて何度もリピートしてもらう手段となります。

単価の低さやお得感とも感じますが
「DRM」の元々の考え方が
「お客様の有益につながる」という考えであり
「お客様の成功につながる」という考え方でもあります。

「DRM」の成り立ちを更に噛み砕けば
「商品」が「利用するお客様」までに
何度も中間業者が絡み
途中途中に
「仲介料や手数料やマージン」が発生することにより
最終的な金額がそこそこ高額になるところを
中間業者をはぶいて
ある程度お得な金額で
「利用するお客様」に届くような形から始まりました。

メーカーから直接販売や
卸売業者からの販売のようなものですね。

そして
お客様とのつながりが
「PL」のように
割と短期間で終わるようなものではなく
何度も利用されることにより
信頼が厚いものとなるので
「安心した付き合い」が可能となります。

そして
「DRM」が最初の見込み客のうち
「欲しいお客様」だけへ
期待に応える商品を販売するものとすれば

「PL」は全ての見込み客へ
何度もアプローチ(接近)して
「そのうち興味と必要性を感じるお客様」に
数打てば当たるまで教育する方法となります。


「DRM」は
何度も利用される手段であるため
「どんな商品がその人に合ったものか」を
データとしてパターンやおすすめする傾向を
お客様に合わせて変化させることができます。

それが「DRM」の「R」の意味となる
レスポンス(反応や返答)を繰り返すことにより
結果的に
マーケティング(お客様の有益につながる)の手段となります。

あなたが作り上げたテーマのホームページで
「どの訪問者にどのカテゴリが合うか」
という道標を構築できれば
訪問者がお客様となり
お客様が欲しい商品を
あなたがダイレクト(直接)に
おすすめすることができます。

つまり

ダイレクト(直接)に
レスポンス(反応や返答や返信)を感じとって
マーケティング(お客様の求める商品)をする総称として

「DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)」
となります。

これは
すでに自営業者であれば
DM(ダイレクトメール)などを利用して
簡単に始められる方法でもあります。

ハガキやメールなどで特典を送り
どの特典を利用したかによって
傾向やパターンを感じ取り
(割引券なのか、商品としての物が良いのかなど)
そのお客様に合った傾向の
特典やクーポンを利用して
「利用される回数を増やす」
という作業です。

お客様と
長いお付き合いをしたいと考える堅実な方には
「DRM」の手段をおすすめいたします。
そして
メルマガを作成する参考となることを願います。



   ■創作ホームページ 一覧へ戻る
   *


 ■類似タイトル
 
 
 ■類似タイトル
 
 
 ■類似タイトル
 
 
 ■類似タイトル
 
 
*




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。