そもそも 欲とは


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

そもそも学 | そもそもな意味 | 素朴な疑問 | 語源 | 元々の由来 | 最初の発端 | 抑(そもそも)な学問

そもそも学 や行

* *
*
そもそも 欲とは

「欲」は、 「谷」と「欠」という漢字で 組み合わされている。
「谷」は「口(あな)」から 「八」の字に流れ出ている様子を表し、 「欠」は「人」が口を開けて 体をかがめた様子を表している。
つまり、心に穴が空いたように空虚感があり、 体に取り込みたいが、 満たされない体がかがんでいる様を表現している。

三欲と呼ばれるものは
「食欲」「睡眠欲」「性欲」がある。

四欲と呼ばれるものは
「食欲」「睡眠欲」「性欲」「自己保存の本能」がある。

五欲と呼ばれるものは
「財欲」「色欲」「飲食欲」「名誉欲」「睡眠欲」がある。

七欲と呼ばれるものは
「暴食」「色欲」「強欲」「憤怒」「怠惰」「傲慢」「嫉妬」と呼ばれる七つの大罪としており、 四世紀のエジプト修道士の著作「枢要罪」から 「八つの罪」として始まっている。

八欲と呼ばれるものは
「暴食」「色欲」「強欲」「憂鬱」「憤怒」「怠惰」「虚飾」「傲慢」であったが、
「虚飾」は「傲慢」の中に含まれ、
「憂鬱」は「怠惰」の中に含まれ、
そこに「嫉妬」が加わり、 七欲(七つの大罪)とされている。

欲求を分類すると、 比喩できるだけ存在しており、 分類分けをするだけでも多数の見方がある。
五大欲求という見方をすると、
「生理的欲求」→「安全欲求」→「社会的欲求」→「自我の欲求」→「自己実現の欲求」
という段階で欲求レベルが上がるものである。
アメリカの心理学者、 「Murray,Henry Alexander(マレー)1893〜1988」による 心理発生的欲求リストでは、 「社会的動機」という欲求の種類を 28種類に分類している。





現代人の「欲」哲学

欲の多すぎる人は傷つきやすい

欲が少なすぎると生きている実感がない。

人間は欲を理性や知恵により自制する事ができる。

動物は欲の方向性に純粋である。

*
参考ページ:そもそも 食べるとは


■そもそも学
*




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。