そもそも 友とは


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

そもそも学 | そもそもな意味 | 素朴な疑問 | 語源 | 元々の由来 | 最初の発端 | 抑(そもそも)な学問

そもそも学 た行

* *
*
そもそも 友とは

「友」の意味をもつ「friend」は、 古英語の「freond」にさかのぼると、 「愛する」という意味になる。
ラテン語の「友」の意味をもつ「amicus」も、 「愛する」という意味をもつ。

「友」は古代文字では、 「手」が二つ、同じ方向に向かっている様子を表しており、 お互いが共に同じ方向に、 同じ目的に向かうことを表現した文字である。

友の相談などをうかがう時に、 遠慮される時に使う 「みずくさい」という言葉は、 「ミ(実態・実体)ズ(作業・行為)ク(奇行)サ(状態・様子)イ(前の言葉の強調)」 という語源の成り立ちからできている。
そのことから、 どんな頼みごとでも親身に聞くという関係が 崩れている意味を表す。

心を知り合った「友」の類語で、 「知音(ちいん)」という言葉がある。
「友」が弾く琴の音で、 その「友」の心境まで聞き分けた、 という意味からきている。
琴の音を聞いてくれる「友」の死後、 琴の弦を切り、 二度と弾かなくなった。

「友」は「第二の自分」である。





現代人の「友」哲学


友とは、親友である。

友とは、わがままを言える相手である。

「友」を親友と友達に分けてしまうと、親友が友であり、友達は知り合いである。

親友である友を裏切ることは、自分を裏切ることである。

困っているとき、友達は深入りをしないが、親友は深入りをする。

*
参考ページ:そもそも 食べるとは


■そもそも学
*




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。