そもそも 疲れとは


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

そもそも学 | そもそもな意味 | 素朴な疑問 | 語源 | 元々の由来 | 最初の発端 | 抑(そもそも)な学問

そもそも学 た行

* *
*
そもそも 疲れとは

仮説では「疲れた」と「ツイてる」は良い意味 悪い意味で「憑(つ)かれた」「憑いてる」という 神霊が乗り移った意味の説がある。

方言では「疲れ」を「えらい」という地域がある。
その他の地域によれば「コ・ハ・イ」という発音が、 早口で「コ・ワ・イ」となり、 「怖い」の使われ方をされたため、 体が疲れたことを 「体がこわい」と表現している。

「バテた」という言葉は、 「疲れ果てた」の「果てた」という 略字的な扱いとなった説と、 走っていた馬が足がもつれて、 「バタバタになる」という言葉が 「バテる」となったともいわれている。

目上に使う「お疲れ様」と、 目下に使う「ご苦労様」に関しての語源はなく、 明治以降に使われ始めているといわれている。
本来の使われ方から 変化しているとも考えられる。
時代が古くなるほど、 どちらも上下関係にかかわらず、 使われた言葉ではなかったともいわれている。

「疲れ」とは、新陳代謝される老廃物が 体に残っている状態をいう。





現代人の「疲れ」哲学


希望の大きさで、疲れの大きさも変わる。

体の疲れは回復するが、心の疲れは回復する理由が必要である。

疲れを回復する方法が見つからない時は寝るべきである。

疲れていないと思い込むことで、一時的に疲れを忘れられる。

*
参考ページ:そもそも 食べるとは


■そもそも学
*




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。