そもそも 知恵とは


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

そもそも学 | そもそもな意味 | 素朴な疑問 | 語源 | 元々の由来 | 最初の発端 | 抑(そもそも)な学問

そもそも学 た行

* *
*
そもそも 知恵とは

「知」は矢のように口から出る言葉をいう。
物事を知っている者が、 すぐに考えを言葉にできることから、 知識として知っていて、 理解していて、 わきまえていることが前提として、 すでに備えていることである。

「恵」は「慧」であり、 「慧」の上部は 「穂」という とがっている物の先の部分を表し、 その下に手と心を加えて、 ほうきを手に持って 心を込めた言葉となり、 ほうきの先のように 細かいところに行き届く意味となる。

ものごとのさまざまな 「理(ことわり)」を悟っていて、 それらを適切に処理できる能力。

「知識」は過去の情報であり、 「知恵」は新しく創造された考え方である。

「知識」と「経験」の先に生まれるものが、 「知恵」といわれている。

「3人寄れば文殊の知恵」という言葉は、 頭の良い者でなくても、 三人いれば様々な視覚により、 何か良い「知恵」が浮かぶといわれている。





現代人の「知恵」哲学


知識がなくても小さな知恵は生まれるが、知識があれば大きな知恵になる。

短い言葉で伝わる知恵は、流行りの言葉になる。

知恵が沸く自信があれば、生きる自信になる。

知恵が沸かないということは、考えてないということである。

感動に繋がる知恵は歴史に残る。

*
参考ページ:そもそも 食べるとは


■そもそも学
*




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。