そもそも 食べるとは


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

そもそも学 | そもそもな意味 | 素朴な疑問 | 語源 | 元々の由来 | 最初の発端 | 抑(そもそも)な学問

そもそも学 た行

* *
*
そもそも 食べるとは

食べるという言葉は、 「お与えになる」や、 「賜る(たまわる)」という形で、 上位の者から与えられる意味だった。

「食」という字の語源は、 食器の上に盛られた食べ物を 男が食べる物を残すことや、 一緒に食べる意味である。

ハイヌウェレ型神話という食物起源神話では、 花から生まれた神の排泄物からは、 宝物が沢山現れて、 気持ち悪く感じた村人が その神を殺し、 切り刻んだ死体からは、 さまざまな芋が発生して、 人々の主食となったという。

紀元前1〜2万年ほど前から、 日本人は火を使うことを覚え、 それと同時に 肉食になったといわれている。
春は野草や木の芽、 夏は原始的な漁猟、 秋は木の実の採取、 冬はシカやウサギやイノシシの狩りであった。
説によれば、 縄文土器の内側には、 海の生物の脂質が残っていたことから、 魚を煮ていたと考えられる。

紀元前3世紀ほど前の 食事方法は、手づかみである。
米を主食として肉や魚、 野菜や木の実が副食となっていた。

700万年の人類の歴史のうち、 穀物の歴史は1万年程度である。





現代人の「食べる」哲学


食べることが幸せに感じないのは残念なことである。

好きなものを食べることは病気になりにくい。

食べることは、五感を動かすことである。

食べることは自分をコントロールできることである。

*
参考ページ:そもそも 食べるとは


■そもそも学
*




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。