そもそも 礼儀とは


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

そもそも学 | そもそもな意味 | 素朴な疑問 | 語源 | 元々の由来 | 最初の発端 | 抑(そもそも)な学問

そもそも学 ら行

* *
*
そもそも 礼儀とは

「礼儀」と「作法」。
「礼儀」は相手に対する「心」であり、 「作法」は、その「心」を表現する「やり方・かたち」である。

「作法」と「行儀」は似ているようであるが、 「作法」は「技術」のいる学んだ「やり方」だとすれば、 「行儀」は「普段」の生活習慣の立ち振る舞いである。

日本で初めて法律に触れ、 ルールとなった「礼儀」は、 「十七条の憲法」の「第四条」である。
「群卿百寮礼をもって本とせよ」という原文は、 「役人は礼儀正しくあれ」という意味である。

「作法」は皇室の宮中作法から伝わったといわれる。
平安時代、典礼や法令や行動規範となる 宮職を研究した「有職故実」という学問があり、 重んじられていた。

明治十三年以降では、 学校教育に採用された礼法として、 「小笠原礼法」を採用している。

古代中国、儒家の始祖である「孔子」は、 庭で教える学問である「庭訓(ていくん)」として、 長男に「礼」を教えていた。
人格形成が出来ず、 人間関係がうまくいかないからだとして、 「礼儀作法」を重んじていた。





現代人の「礼儀」哲学


礼儀があれば敬意が残る。

礼儀がないと感じるのはエゴに近い。

礼儀を知らないとやらないのは違う。

礼儀を知らない事は不都合はあっても悪いことではない。

わざと無礼をする人間は救いようがない。

*
参考ページ:そもそも 食べるとは


■そもそも学
*




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。