そもそも 料理とは


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

そもそも学 | そもそもな意味 | 素朴な疑問 | 語源 | 元々の由来 | 最初の発端 | 抑(そもそも)な学問

そもそも学 ら行

* *
*
そもそも 料理とは

「料理」という言葉は本来、 「世話をする」ことや 「処置をする」の意味である。

1522年頃の中国の 医学史研究書物である「(続)医説」では、 「家人の病をいつも自ら料理した」という表現もあり、 「処置をする」ことから、 派生的に「治療」の意味もあったと解釈されている。

京都の龍谷大学に宝蔵されている 漢方薬のカタログと呼ばれるような敦煌本 『本草集注(452〜536年)』では、 「料理」ではなく「料治」となっている。
その後、「治」という漢字が 使用できない時代となり、 「料理」という言葉が 頻繁に使用されるようになっている。

日本では奈良時代(760〜780年)頃より、 おいしい食べ物や加工する過程を 「料理」という表現で用いている。

懐石料理の「懐石」はすでに 「料理」という意味が含まれており、 重複する意味となっているが、 「会席料理」という言葉とも重なるため、 「懐石料理」が普通に使用されるようになった。

本来「懐石」は、 空腹を防ぐことや暖房具として、 火で焼いた「石」を布に包んで 「懐」に入れた言葉で「懐石」。
当時であれば、 「温石(おんじゃく)」のことを指していた。
そして「懐石」は、 「質素な食べ物」の意味であり、 その空腹を癒す程度の 「軽い料理」であり、 茶の席で、 魅力ある茶を楽しむ為のものである。





現代人の「料理」哲学


物事を繊細に行う事は料理する過程と同じである。

感動ある料理は笑顔を言葉が飛び交う。

食べ慣れた料理は安心感と静寂を作り出す。

料理は毎日の出来事を記憶に残せるチャンスである。

*
参考ページ:そもそも 食べるとは


■そもそも学
*




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。