そもそも 妬みとは


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

そもそも学 | そもそもな意味 | 素朴な疑問 | 語源 | 元々の由来 | 最初の発端 | 抑(そもそも)な学問

そもそも学 な行

* *
*
そもそも 妬みとは

中国では、 「嫉妬」を「吃醋」という漢字で表現しています。
意味は「酢を飲む」です。
中国のある政治家が、 宰相としての能力を朝廷に認められ、 褒美のような形で 二名の美女を送りましたが、 その政治家の妻が怒りました。

皇帝は選択肢を与えました。
二名の美女を引き取るか、 毒の入った酒を飲むか。
政治家の妻は、 迷いなく猛毒酒を飲みましたが、 それはただの「酢」でした。

「嫉」も「妬」も「ねたむ」という意味である。

ギリシア語の語源では、 「嫉妬」と「熱狂的」に同じ語源が含まれている。
人や物を熱烈に、 そして特別なものが無くなってしまわないか、 疑う意味で使われていた。

「妬み」はラテン語では、 「悪意をもって人を見ること」 から始まっている。
他人が所有するものをほしがったり、 不満が沸き立つことを意味する。

「嫉妬」と「妬み」は、 とても似ているようだが、 「嫉妬」には、 親密さが壊れる恐怖と、 社会的なライバルへの比較、 という二面性があるが、 「妬み」は、 後者の社会的なライバルへの比較、 だけに用いられる。

「嫉妬」や「妬み」は、 赤ちゃんの頃から始まり、 生後三ヶ月くらいから激しくなる。
三ヶ月未満では、 母乳を飲みたい時に飲めない欲求不満や、 その後は母親が 別の女性と会話することで 笑顔が消えてゆき、 愛情をしっかり注がれなかった赤ちゃんは、 将来嫉妬深い大人になりやすいという。





現代人の「妬み」哲学


嫉妬は根深く残る。

執念は情熱といい勝負。

大人になるには妬みを体験しなければいけない。

妬みは自分を可愛がりたい気持ちである。

*関連ページ

妬まれるほどの魅力を身に付ける

視野を広げて妬む気持ちを解消する

妬む対象の相手よりもひとつ上を見る

*
参考ページ:そもそも 食べるとは


■そもそも学
*




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。