そもそも 憎しみとは


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

そもそも学 | そもそもな意味 | 素朴な疑問 | 語源 | 元々の由来 | 最初の発端 | 抑(そもそも)な学問

そもそも学 な行

* *
*
そもそも 憎しみとは

怒ることにより、 腰痛になるという 医学的実験による根拠がある。

「憎む」ことにより、 「悲観的物質・否定的物質」が形成されて、 遺伝子を傷つけて細胞の働きを弱める。

「憎しみ」の感情は学習能力が高く、 問題解決能力に優れている。

「動物」が抱く「恐怖」は、回避、 逃げることにより解決ができるが、 「憎しみ」は特定の対象者が存在するという 学習した行動の特徴である 「人間」に強く見られる感情である。

うつ病の本質は「憎しみ」という説もある。
「嫌い」と「寂しさ」の選択では、 「嫌い」を人間は選ぶ傾向があり、 助けを求めたいという気持ちが強いが、 助けを求めるべき「人間」を嫌いであることから、 助けを求めない。

「憎」の字の「曽」は、 「重ねる」や「重なる」意味があり、 「小」の「立心偏・りっしんべん」は、 「人の心」を立てて偏にしたものであり、 心が積み重なったという意味となる。





現代人の「憎しみ」哲学


憎しみはそれだけ相手を意識している。

時間に余裕がなければ憎むことができない。

憎しみは嫉妬できるほどの対象相手である。

憎しみは知らない自分を知れる。

*
参考ページ:そもそも 食べるとは


■そもそも学
*




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。