そもそも 言葉とは


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

そもそも学 | そもそもな意味 | 素朴な疑問 | 語源 | 元々の由来 | 最初の発端 | 抑(そもそも)な学問

そもそも学 か行

* *
*
そもそも 言葉とは

意志の伝達や感情を表すために、 音としてつくられたもの。

化石によれば、 15万年前のクロマニヨン人は 現代の人間の声帯に近いといわれている。
およそ10万年前には、 音声言語が現れたと考えられている。

石器の洗練と言葉の発展が 比例するという考え方もあり、 200万年前から20万年前までは、 石器の技術に大きな変化はなかった。
5万〜7万年前には、 骨や鹿の角が使われており、 言葉が少なからず使われたことを推測している。

言語と身振り手振りなジェスチャーによる 脳の神経構造は同じであるため、 言葉で会話するコミュニケーションが発展する以前に、 ジェスチャーが使われていたと考えられる。

言語の進化は、 「問う」能力があるかどうかにある。
尋ねる能力は大変技術の必要な交流方法であり、 目の前の出来事以外の様相を交流することができる 高レベルな認識能力である。

単一起源説では7万年前には、 「世界祖語」と呼ばれる言葉が、 かつて存在したという仮説もある。

他地域仮説では、 それぞれの大陸で 独立に言葉が作られて、 進化したといわれている。

日本語は孤立した言語であるが、 起源の系統は明らかではない。
さまざまな国で、 日本祖語の類似点がみられるため、 未だ研究が続けられている。





現代人の「言葉」哲学


言葉とは、人の人生が左右されるものである。

言葉がなくても、人間は生きていける。

言葉とは、個性を有利にも不利にも変化するものである。

言葉とは、想像力を整理するためのものである。

言葉を発せる生き物は、身を守ることができる。

*
参考ページ:そもそも 食べるとは


■そもそも学
*




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。