そもそも 薬とは


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

そもそも学 | そもそもな意味 | 素朴な疑問 | 語源 | 元々の由来 | 最初の発端 | 抑(そもそも)な学問

そもそも学 か行

* *
*
そもそも 薬とは

語源は「草」や「奇し・くすし」という説がある。

草根木皮から試し、 繰り返し口に入れて、 効果があるものが薬として使われてきた。

薬は毒であり異物である。
薬という毒の効果が、 体の病気より下回る毒ならば使用する というのが原則である。
薬の毒は副作用として現れる。

化学合成薬品である西洋薬は、 「病名に対して効果がある」 ということを目的としてつくられている。

漢方薬といわれる東洋薬は、 体質や症状に対して、 抵抗力をつけることを目的としてつくられている。

生薬は天然の有効成分だけを使用して、 混合物ではなく、 純粋な物質の使用を容易な形に加工した 漢方薬の原料である。





現代人の「薬」哲学


薬は毒である。

薬とは、病気の害が薬の害より上回るときのみ使うものである。

副作用のない薬は、薬としても効果が低いものである。

薬に頼らなければ、人は健康になる。

風邪薬には風邪を治す成分は入っていない。

*
参考ページ:そもそも 食べるとは


■そもそも学
*




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。