そもそも お金とは


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

そもそも学 | そもそもな意味 | 素朴な疑問 | 語源 | 元々の由来 | 最初の発端 | 抑(そもそも)な学問

そもそも学 あ行

* *
*
そもそも お金とは

お金の語源は、 金属は叩くとカンカン鳴ることから 変化してカネになったという説がある。
技術が発達して、 金属を用いて作るようになったから という説もある。

世界は物々交換が基本だった。
しかし、物々交換は運ぶ手間と 相手の要求に交換できる物に限界があったので、 物々交換の代わりに、 最初は貝や石や骨を利用して交換していた。

貝や石や骨の交換から、 米や家畜や穀物が主流となり、 物々交換同様不便となり、 その後、金や銀が使用された。

しかし、金や銀の塊など、 価値が一定せず不便だったので、 高温で液体加工して形成する 鋳造加工がされるようになったが、 偽造も増えて、 金や銀や銅の不足も発生したため、 預り証として 紙幣が使われるようになった。

インフレーション(お金の価値が下がる)による 世界で一番高額な単位の紙幣は、 「10垓ペンゲー紙幣」である。
その他ドイツでは、 「100兆マルク紙幣」がある。

円は中国の鋳造した 丸い貨幣を真似て作り、 丸いことから始まった単位である。

日本でのお金の単位は、 「一・十・百・千・万・億・兆・京・垓・丈・壌・溝・澗・正・載・極・恒河沙・阿僧祇・那由他・不可思議・無量大数」である。

その他、仏典では別の命数が存在している。
123の命数が列挙されており、最後は、 不可量
不可量転
不可説
不可説転
不可説不可説
不可説不可説転
と終わる。

お金はモノの価値を示す尺度と、 支払い機能として交換する手段と、 価値を貯蔵するたくわえの手段とされている。





現代人の「お金」哲学


お金の事を知らないと、お金で失敗するものである。

お金はお金を増やすものである。

お金は不幸せにならないためのものである。

選択肢を増やすためにお金は必要である。

*
参考ページ:そもそも 食べるとは


■そもそも学
*




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。