そもそも 笑顔とは


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

そもそも学 | そもそもな意味 | 素朴な疑問 | 語源 | 元々の由来 | 最初の発端 | 抑(そもそも)な学問

そもそも学 あ行

* *
*
そもそも 笑顔とは

人間を含む、それに近い霊長類に作ることができる 内面的な感情を表現したひとつ。

人間の笑顔は、
「敵意を持たない」
「歓迎」
「好意」
「安心」
「承認」
「感謝」
「安らぎ」
「会話の潤滑油」
として使われる。

人間以外の霊長類は、 「求愛」「赤ん坊を抱く」ということ以外で 歯を見せる笑顔は、 「強い敵意がない意思表示であり、自分の方が劣っていること」 を表現するときに使われる。

人間の笑顔には、
「照れ笑い」
「微笑」
「艶笑」
「苦笑」
「失笑」
「作り笑い」
「満面の笑み」
「嘲笑」
などがある。

人間は息を吐きながら声を出して笑うが、 霊長類であるチンパンジーは、 息を吸ったり吐いたりの状態で、 しゃがれた声で笑う。

笑顔の特徴として、
「目が細くなる」
「目尻が下がる」
「歯が見える」
「口角が上がる」
「口周りにシワができる」
「頬が上がる」
などがある。

笑顔が自然にでるときは、 副交感神経が優位とされて、 ストレスが軽減される。

オランダ人の研究では、 日本人は笑顔を 儀礼的に偽装する習慣があるため、 声で本心を読み取る。

オランダ人は、 表情で感情を読み取るため、 文化的誤解が生まれやすい。

日本人は、 悲しい時ほど笑顔を出すことが、 相手を気遣わせないための配慮であり、 心配させないための美徳とされる 独特な文化があるとされている。

日本人は、 「謙虚の美徳」が根強く、 相手を敬うために笑顔を使い、 敬うことで笑顔を引き出し、 言葉を使わない心で通じ合う 以心伝心を無意識にも重んじている。

ガン細胞を死滅させるNK細胞は、 「楽しく笑う」ことで活発的になる。





現代人の「笑顔」哲学


笑顔は人生を変える。

笑顔は薬以上の効果がある。

楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しい。

笑顔は最高の化粧である。

笑顔は笑顔を増やす。

*
参考ページ:そもそも 食べるとは


■そもそも学
*




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。