日本SFの黄金時代の幕開け


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

SF | 書評 | 歴史 | エピソード | 挿話 | SFを超えた科学

脳 Life

* *
*
SF THINK

日本SFの黄金時代の幕開け


「SFマガジン創刊」を調べてみましたら
昭和39年。
私、中学かと思っていましたが
小学生でした。
でも、田舎でしたから
本屋さんに並ぶのは
3年くらいはかかったのでしょうかね。

初代編集長は

福島正美

後にNHKでTV化される
ジュブナイルSF
「謎の転校生」の作者でもあった。

集まってきたのは

星新一
小松左京
光瀬龍
筒井康隆
平井和正

などのそうそうたるメンバー。
日本SFの黄金時代の幕開けでした。

本屋さんでSFを
探し回るということがなくなりました。
先ほど述べた
日本人の作家の人たちの作品と
海外作品の翻訳が
これまでと違い
毎月かなりの数が出版されてきます。

回りを見回しても
これまでSFという
言葉の意味を知らなかった友人達が
SFを読みはじめていました。

星新一
小松左京
福島正美
光瀬龍
筒井康隆

を私は
日本のビッグファイブと呼んで
日本SFのジャンルを確立した
巨人達だと定義しました。

この人達に続く

平井和正
豊田有恒

少し離れたところに

半村良
広瀬正

正に黄金時代の到来でした。
読者数も徐々に増加していた様です。

大学にいく頃には
周囲でSFを読まない者はいませんでした。
そんな中で
小松左京さんの活躍は
目覚ましいものがありました。


SF THINK 提供著者:由宇 幸輔
利用小説サイト
クリエイターマイページ
著者様には許可を得て、当サイトに紹介しております。


    ■SF THINK
    *
    前へ戻る
    次へ進む





小説宣伝・小説感想フリー掲示板 大画面表示  



そもそも 知恵とは



     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。