改名したい時


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

感想を書く | 小説を書く | 執筆への自信 | 読みやすい文章 | 書籍化 | 小説家

執筆への道標

* *
*
改名したい時

小説家や芸能関係に限らず、「名」の改名をしようと考えることもあると思います。
そもそも改名が出来るかどうかも知らない方もいるかと思います。

 正当な事由によつて名を変更しようとする者は
 家庭裁判所の許可を得て
 その旨を届け出なければならない。
 (戸籍法 第107条の二)

正当な事由とはどういったことでしょう。
次のような内容となります。

  珍奇・難解など、社会生活上、著しい支障がある。
  家族や近所に同姓同名の人がいる。
  性別を間違えられる。
  犯罪者に同姓同名の人がいる。
  神官や僧侶となった。神官や僧侶をやめた。
  商売上・伝統芸能などで襲名した。
  帰化して日本風の名前をつける。
  長い間、通称名として使ってきた。


男性として生きることで、女性のような名前の方。
女性として生きることで、男性のような名前の方。

これは性別も間違われ、社会生活上、著しい支障があるかと思われます。

同姓同名の方が一生住む家の近くにいるため、 郵便物や重要品が間違って配達される可能性もあります。

犯罪者の同姓同名というだけでいじめに合うかもしれません。

僧侶となるために師匠の名を一部いただくこともあると思います。

芸能関係・伝統的な歌舞伎などの社会的に認知された方には必要だと思われます。

日本の国籍を取得して、日本国民となるために、 日本人のような名前になることも認められる可能性があります。

長い間通称と使用していた人ならば、 その名前をこれからも使用していくであろうという実績がある方もひとつの理由です。
最低5年〜10年程度の「実績」が必要です。

*

著名人・その他必要と迫られて、 誰から見ても理由になること以外は、 通称で使用した「実績」をつくることが良いかと思われます。

実績というものは、消印のついた郵便物や納品物、 光熱費の名義でしたら変えられる場合もありますが、 公的文書・免許証・銀行通帳などは変更できません。

将来、必ず名前を変更する場合は、 日付ある実績を全て残しておきましょう。

順番は次のようになります。

  正当な事由を「証明する資料」を整理して準備する。
  最寄りの家庭裁判所で、改名の手続きを相談して書類をもらう(変更許可申立書)。
  公的な書類を準備する(戸籍謄本や身分証明書)。
  家庭裁判所に書類一式を提出する(収入印紙や切手代が必要)。

その後

  家庭裁判所からの質問に回答する(呼び出されると思って下さい)。
  改名が認められたら、裁判所から改名変更許可書を発行してもらう。
  役所(最寄りの市・区役所)の戸籍担当窓口で改名手続きを行う。

家庭裁判所に書類提出するまでは一日で可能かと思われます。
それ以降は電話や郵便物により指示があります。
書類に不備がない場合、呼び出されることは1〜2回だと思われます。
改名変更許可書を発行していただければ、役所で改名手続きを行うだけです。

漢字ではなく読み方の変更は、 家庭裁判所は関係なく役所で変更ができます。
戸籍には改名した事実は残ります。
改名後は、おおやけに慣れていない名前となるために、 反応などで勘ぐられる可能性がありますので、 返答する理由や言葉を用意しておく必要があると思われます。


あなたの名前は、両親か、親族か、あるいは尊敬する方か、 誰かの願いが込められて付けられたものですので、 簡単に考えず、しっかりと決心が整った後に行動へ移しましょう。




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。