書籍化しようと考えた時


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

感想を書く | 小説を書く | 執筆への自信 | 読みやすい文章 | 書籍化 | 小説家

執筆への道標

* *
*
書籍化しようと考えた時

書籍化を考えた時、どの程度が目標でしょうか。

ご自身の作品を出版できる可能性があるかどうかと、思考を巡らせながら色々調べることもあると思われます。

ゼロではないにしてもほとんどの可能性として自費出版(流通出版)であり、費用もだいたい100〜200万前後です。中々現実的には踏み切れない費用ですね。

その覚悟をして出版を可能にしたとしても、無名である限りは、各種媒体を利用してかなりの知名度を上げる宣伝を当たり前にしないことには返品の嵐となるかもしれません。

ネガティブな気持ちがなく、内容の自信や、可能性や、出版をしたという経歴を手に入れるには何も気にすることはありません。少し慎重に考えるのであれば、せめて販売だけでも出来ないかと考えるのではないでしょうか。
作品を小説サイトで執筆している方なら誰もが一度は考えることかもしれませんが「紙の本でつくりたい」と思うのではないでしょうか。

*

実際、本をつくること自体はそれほど難しくありません。
一冊や二冊であれば一冊あたり2000〜3000円で作れます。10万字程度で4000円くらいでしょうか。
製本する会社によりますが、100ページで五冊以上を作るとして、安くて一冊あたり500円から平均1600円程度です。

手に取ると実感することですが、宝物を手にした気分になると感じる満足感があると思います。
製本まで実現したその先は何をするかと考えたとき、販売方法がないかと考えます。

出版方法は3通り見えてきます。


1、出版社から自費出版(流通出版)で100〜200万くらいの費用で販売(出版社次第で30万からもあります)。


2、アマゾンを利用して、データ(PDF)を送り、初期費用を5000円程度支払い、アマゾンで販売される度に一冊製本され、その10%が印税として作者に入る。


3、ご自身で「出版者」として自費出版(私家版)をする。


3、は「出版社」の間違いかと思われそうですが会社でなければ厳密的には「出版者」で間違いないです。その際には、「ISBN」コードが必要になり、ほとんどの場合「JAN」コードの登録も必要になります(本や雑誌を購入する時、裏にある二つのバーコードと数字の事・登録手続きや費用は想像より簡単に手続きできるかと思われます)。
それさえ揃えば国立図書館にも登録される世界でひとつだけの本と認められたようなものですので、自己満足は満たされるのではないでしょうか。

3、の出版者であれば、自分の作品だけであれば趣味の延長として楽しめることでしょう。
折角コード取得した出版者としての面白みということから、自分以外の作品を扱いたくなった場合、製本依頼・在庫管理・発送までを行う手間を考えると、なかなか踏み込めないのも実情だと思われます。
そこまでの手間を考えられない場合2、のアマゾンでの販売が考えられます。


1、のメリットは先行投資ができたとき、印税10%。満足に販売が出来れば、知名度とプロという自覚。


2、のメリットは手間がなく、印税10%。ご自身のファンに販売することができる。


3、のメリットは、製本後、印税100%。そこから書店へ売り込むことも可能。


作家として食べていくのであれば、1か3のどちらかになるのではないでしょうか。自己満足の極みであれば2で十分味わえると思います。
書籍化がご自身のなかで、どの程度で満足感が得られるかを見極める参考になれば幸いです。




     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。