相続の時に選べる方向性


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

健康管理 | 衛生管理 | 体調管理 | 精神衛生管理 | 毎日のケア

健康と衛生

* *
*
突然の問題に対応する精神衛生管理

このページの要点

・相続の種類は3種類。
・形見をひとつでも手に入れると相続放棄ができない。
・相続放棄をするなら3か月以内に手続きする。


*相続の時に選べる方向性



親の突然の死去や、 病気による限られた時間が過ぎ去った時に、 誰にでも共通して経験する事となる相続

その時の感情や両親との長い歴史の中で、 考えたくない心情でも決断しなければいけない問題です。

*

相続の方向性は3つあります。

単純相続
限定相続
相続放棄

単純相続は、特に何もしなければ、 自然と相続される事となります。
その相続の中には、 借金なども含まれます。

相続するということは、 全てを引き継ぐということです。
場合によってはプラスの相続よりも、 マイナスの相続がある場合もあります。

マイナスの相続は回避したい場合であり、 プラスの相続だけを受け継ぎたい場合は、 限定相続をします。
けれど、 相続人が多数いる場合は、 全員の承諾が必要です。
第三者にも証明ができる承諾したと思われる書類を用意して、 プラスの相続だけをすることができます。

プラスの財産よりも、 明らかにマイナスの財産の方が多い場合、 相続放棄することができます。

相続放棄とは言葉の通り、 全てを相続しないという意味になります。

その場合、 どのような形見を受け取ることもできません。
また、一部でも形見を手に入れた場合、 そして、一部でも親の遺品を処分した場合、 相続放棄ではなく、 単純相続と見なされる場合があります。

*

親の身辺整理をしたくても、 相続を希望する子と、 相続を希望しない子がいる場合、 基本的には相続を希望する子しか触れる事ができません。

けれど、 実生活の状態であれば、 公共料金や家賃など 早急に対応して休止や停止をする事が必要な場合もあります。
そのような場合であり、 相続を放棄する者が対応しなければならない場合は、 相続する者に連絡をとるか、 誰にでも納得できる範囲で 整理する事が認められる事もあります。

また、相続放棄をする予定だった子でも、 親の死去を知ってから3ヶ月経過した場合、 相続放棄が認められなくなります。

ただし、後日になって、 全く知らなかった親の借金などを突然知った場合は、 3ヶ月経過していても相続放棄が認められる場合もありますので、 落ち着いて相続放棄の手続きを開始してみましょう。

相続放棄には以下の書類が必要となります。
地域により一部、又は全部必要となります。


亡くなった方の住民除票 又は 戸籍附票
放棄される方の戸籍謄本
亡くなった方の死亡の記載がある戸籍謄本


細かい手数料や手間を除けば以上となります。
亡くなった方の住所から最寄りの家庭裁判所に尋ねて集めてみましょう。
亡くなった方の住所から最寄りの家庭裁判所が、相続放棄の申述をする場所になります(相続放棄する方の住所の最寄りではありません)。

*

相続放棄を強く希望していても、 遺品を一部、又は全部処分してしまうと、 相続放棄は出来なくなりますが、 相続放棄をしたあとにそれが発覚してしまうと、 相続放棄を取り消しされる場合もあります。
そして、 相続放棄は一度しかできませんので、 遺品を整理する場合には注意が必要です。

相続をするかしないかは、 本人だけが決めるものですので、 別の相続者より相続放棄を進められても、 親の生前に決めていても、 全て無効となります。
親の死去に、落ち着いた時に決断する必要があります。
通常、遺産分割協議により相続者が集まって話し合いますが、遺言状がある場合は遺言が優先となります。
相続者全員が同意であれば、遺言よりも全員の同意が優先される場合もありますが、遺言を優先するほうが多いのではないかと思います。

その他、親が再婚した場合であり、その後子供を授かって離婚した場合、養育費が発生する場合がありますが、養育費は相続の対象ではありません

けれど、毎月予定されている養育費の未払いがあったり、離婚した際の慰謝料があった場合は借金扱いとなりますので注意が必要です。

意外なところで相続する方にとっての良し悪しもありますので慎重に確認してみましょう。



*



   ■突然の問題に対応する精神衛生管理
   *




そもそも 知恵とは





     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。