M字は筋肉低下と重力に負けた結果


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

健康管理 | 衛生管理 | 体調管理 | 精神衛生管理 | 毎日のケア

健康と衛生

* *
*
育毛剤を使うなら

*M字は筋肉低下と重力に負けた結果



M字の薄毛は男性型脱毛症の典型的なひとつです。

原因はひとつとは言えず、一番の可能性である男性ホルモン以外にも、帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)と呼ばれる部分の可能性があります。

頭蓋骨よりも外側であり、皮下組織よりも内側にあります。

何もしなければ、重力により下部の組織と密着しやすくなるものです。

頭部の腱が精神的な緊張や重力で各所に引っ張られ、その結果、硬い頭皮の状態が続き、頭皮がまるで乾燥した土壌のようになります。

頭の筋肉は鍛えることが難しいです。

そのためにマッサージを正しい方法で行うことも必要です。

筋肉は、前頭筋・側頭頭頂筋・後頭筋の三種類があり、帽状腱膜は筋肉ではないので鍛えられませんが、M字の薄毛に有効な筋肉は前頭筋になります。

M字の薄毛部分を両手の指の腹で触れるとわかりますが、目を見開きながら力を加えると皮が引っ張られる感覚があると思います。

その緊張が毎日続くと、前頭筋の筋肉は萎縮して、頭皮に必要な酸素を送り込まなくなり、毛母細胞が酸欠状態になりますので、毛母細胞がまだ生きている状態で育毛が止まってしまいます

それはひび割れた硬い土に似ています。
髪である木の根っこは毛母細胞と同じです。
養分がなく、酸素がなく、硬いだけの土では、木も植物も育つわけではありません。
それは髪も同じです。

干からびた土壌に再び植物の根を張り巡らすためには、水と酸素と栄養と耕す必要があります。

マッサージは正に土壌を耕すことと同じです。

失ったM字部分に毛母細胞の存在の可能性を失っていないのでしたら、まずは水と酸素と栄養を供給できる環境を作り上げる想像力が必要です。
*

緊張を解いてマッサージを行いながら「育毛を前向きに」考えることがM字の脱却の一歩になります。


*
参考ページ:お湯以外のシャンプー洗髪は難しい


参考ページ:そもそも 髪とは        


  ■洗髪するなら・育毛剤を使うなら
  *

 ■類似タイトル
 
 

 
 
 



そもそも ストレスとは


     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。