男性ホルモン抑制は未来の可能性


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

健康管理 | 衛生管理 | 体調管理 | 精神衛生管理 | 毎日のケア

健康と衛生

* *
*
育毛剤を使うなら

*男性ホルモン抑制は未来の可能性



男性は女性に比べれば薄毛になりやすく、事実男性の方が目に触れてわかるほど薄毛の割合の頻度が多いものです。

しかし、男性も女性も頭皮に違いはないのです。
そして男性ホルモン自体が薄毛に繋がる訳ではありません。

薄毛に悩まれている男性と、薄毛に悩まされていない男性では男性ホルモンの量は同じです。
*

そして、なぜ男性の方が薄毛になりやすいか。

現在では、ある成分が男性ホルモンと結びついて新しい働きに変換された酵素が薄毛を引き起こすと言われています。

けれど、昔から薄毛対策に関しての情報は真実味をもって色々な形で広まってきました。

そして最終的には、いまだ原因不明という結論となっております。

確実に考えられることは、今現在、自分の年齢から2倍、3倍と年を重ねたら、今よりも髪の量があるかと尋ねられて「はい」と答えられる人はいないということです。

一番納得できることは、血行が弱まり、栄養の行き届く速度が遅くなり、脂質の分泌が弱まり、保湿の効果も低くなるといった「老化による原因」であれば納得に至ります。

そして、その納得できる年齢より、少しでも「平均的以上」に髪の量が維持することが出来れば、喜びが生まれ、活力的に生活できます。

男性ホルモンの抑制可能性のひとつであり、強く支持される薄毛対策のひとつです。

男性ホルモンの抑制を近代的に作られた育毛剤は、その効果を研究して作られた根拠と実績により、利用者には好まれて使用されています。

ひとまずの安心感に繋がり、ストレスの軽減に役立つものであれば、「男性ホルモン抑制」は育毛剤に欠かせない有効成分のひとつであり、育毛剤の選択肢からは外せない要素です。


*
参考ページ:お湯以外のシャンプー洗髪は難しい


参考ページ:そもそも 髪とは        


  ■洗髪するなら・育毛剤を使うなら
  *

 ■類似タイトル
 
 

 
 
 



そもそも ストレスとは


     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。