脂質除去は食生活の見極め


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

健康管理 | 衛生管理 | 体調管理 | 精神衛生管理 | 毎日のケア

健康と衛生

* *
*
育毛剤を使うなら

*脂質除去は食生活の見極め



頭皮の毛穴からにじみ出てくる水に溶けづらい脂質
これは過剰な分泌が発生してから放置時間が長くなることで悪影響へと繋がります。
そして、脂質自体は悪いものではございません。

植物の葉っぱに触れた雨水が玉となって下に落ちていくように、脂質は重要な役割を担っています。

腕に触れた水を弾くために手を振っても水がじわりと薄く広がる肌か、容易に玉となって撥水できる肌。
どちらが良いかは想像の通りです。

どの程度であれば過剰な分泌であると言えるか。
どの程度であれば長時間の放置でも大丈夫と言えるか。
それを個人差という言葉だけで片付けてしまうと暗闇の手探りになります。

まず想像してみたいことは、シャンプーで洗髪してきた歴史はそれほど古くありません。

江戸時代では月に一回。
平安時代では年に一回。
女性は特に一日掛かりであり、櫛で髪を流し、垢を取り、油でツヤをだす作業といわれていたほどです。

それでも髪が失われてきた訳ではありません。
それでは、昔と今、何が違うかと比べたとき、食文化が変化してきたことにあります。

洗剤もない江戸時代。食器を洗浄するには基本的に、タワシと水で十分でした。
なぜなら古来の和食は、油を使わない料理ばかりでした。

*

現代は油料理を避けて生活することは難しいです。
そのような時代であるので、自然と摂取した栄養は、皮膚から脂質となり、にじみ出てきます。

個人差という曖昧な差を埋めるためにも、普段好んで口に入れる食生活の中で油料理が好きな人は特に、「脂質除去」を目的とした育毛剤を選択肢として考えていくことが必要です。


*
参考ページ:お湯以外のシャンプー洗髪は難しい


参考ページ:そもそも 髪とは        


  ■洗髪するなら・育毛剤を使うなら
  *

 ■類似タイトル
 
 

 
 
 



そもそも ストレスとは


     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。