整髪料は酸欠を叫ぶ髪の悲鳴


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

健康管理 | 衛生管理 | 体調管理 | 精神衛生管理 | 毎日のケア

健康と衛生

* *
*
育毛剤を使うなら

*整髪料は酸欠を叫ぶ髪の悲鳴



実生活で毛髪を整えることは、清潔感にも繋がり、接客を少なからず行う仕事であれば、多少なりとも使用します。
それが髪の楽しさでもあり、個性を表現することには不可欠でもあります。

整髪料を使用すると毛穴に皮脂が詰まるといいますが、基本、毛穴の中に「詰まることはありません
頭皮の表面である表皮に余計な脂分が付着して「塞がる」ということです。

日本人ほど毎日シャンプーをして清潔に保つ国と、ほとんどシャンプーをしない国や民族を比べれば、日本人より汗や汚れが付着しているはずですが、薄毛に悩む人は少ないと言われています。

付着する影響は表皮より深い真皮内が酸欠状態になります。
そして水と油の合成に成功した「界面活性剤」が髪の毛に必要なタンパク質を奪い、結果細い毛や枝毛の原因に繋がります。
*

これは毎日使うシャンプーにも同じことが言えます。
シャンプーを洗い流さないことと整髪料を洗い流さないことに大きな違いはありません

洗い流しが足りないことで酸欠状態になることをきっかけに、毛穴の内部にある常在菌が異常繁殖を起こし、炎症やかゆみに繋がります。

整髪料は粘着性でもありますのでホコリや汚れが付着しやすいです。
頭皮を清潔にするには、炎症やにきびを防ぐためにも、ホコリや汚れを取り除く必要がありますが、一番怖いことは皮脂を取りすぎることです。

整髪料を使用した日」は、しっかりと脂分をとる必要はありますが、使用しない普段の生活で過剰な洗髪は、頭皮環境を悪くする可能性の方が高くなりますので加減に気をつける必要があります。


*
参考ページ:お湯以外のシャンプー洗髪は難しい


参考ページ:そもそも 髪とは        


  ■洗髪するなら・育毛剤を使うなら
  *

 ■類似タイトル
 
 

 
 
 



そもそも ストレスとは


     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。