ネズミは繁殖する前に捕獲する


*


*
もじ文字 有意義な労働 健康と衛生 執筆への道標 そもそも学 更新情報

健康管理 | 衛生管理 | 体調管理 | 精神衛生管理 | 毎日のケア

健康と衛生

* *
*
害虫・害獣を遠ざけたいなら

このページの要点

・ネズミの駆除に毒を使用してはいけない。
・ネズミの侵入場所をつきとめる。
・粘着シートを20枚以上用意する。


*ネズミは繁殖する前に捕獲する



飲食店であれば特に悩まされる事だと思います。
一度でも餌があると認識されてしまうと、 そこを中心に活動してしまうネズミの対応には、 とても悩まされると思います。

ネズミは基本的に人間の気配がないときに活動しますが、 人間がいる時に頻繁に目につくようになった場合、 すでにその空間に慣れて、 人間にも慣れている状態です。
*

ネズミ駆除の業者にお願いする方法もありますが、 なるべく費用をおさえつつ、 無事に全てのネズミを捕まえたい考えもあると思います。

ネズミは衛生面に大変問題がありますので、 繁殖する前に対処したいところです。
けれど、どのような場所でも侵入できるため、 完全に防ぎきる事が難しいです。

ネズミは体が毛におおわれているため、 それを含めたサイズで想像してしまいますが、 毛がなければとても細い生き物ですので、 500円玉の半分の大きさでも通り抜ける事ができます。

ネズミは歯が伸び続けるため、 いつもかじっていないと、 歯が伸びすぎて食べられなくなるため、 いつも食べ物を探しています。

食べ物がなければ歯が伸びるのを調整するために、 所々かじりはじめます。

基本的に空間の真ん中よりも端っこを走り抜けていきます

そして人間の気配がしない時に活動しやすいので、 目の前で捕獲する事は難しいです。

常套手段としまして、 粘着シートとネズミ捕りの網が有効です。

ネズミの毒はなるべく使用しないで下さい。
ネズミがどこで死骸となるかわかりません
死骸からは激しい死臭がします。
そして人間の手が届かない場所がほとんどですので、 捕獲するより難しい状態となってしまいます。
加えてダニが異常発生しますので、 ネズミの毒はおすすめ致しません。

*

捕獲するには、 ネズミがどこから侵入してくるかを、 突き止める必要があります。
そして、 粘着シートを最低20枚は用意した方が良いと思います。
粘着シートに少しでも手足がほんの数秒触れれば、 まず逃げることはできません。
けれど、 ネズミは学習能力が高く、賢いです。
勢いで走り抜ける場合があります。
そして、 粘着シートの端の部分であり、 指でつまむ部分を走り抜ける場合があります。
そのような道をふさぐためにも、 沢山の粘着シートが必要となります。

ネズミ捕り網は、 明らかにネズミが通る場所に設置し、 単純にエサを網の中に入れて置くだけで、 捕獲できる可能性はあります。
何日か経過しても網に引っかからない場合は、 それが罠だと気づかれているかもしれません。
その場所を避ける事を考えて、 粘着シートを設置する必要があります。

小さいネズミが捕獲された場合、 すでに繁殖が始まってます
大きいネズミが捕まるまで続ける必要があります。

繁殖は平均6匹から10匹近く一度に増えるので、 根気よく粘着シートを設置し続ける必要があります。

そして、 粘着シートに捕獲できた場合。
地域によるかもしれませんが、 基本は燃えるゴミになると思います。
その際、生きているままで処分するわけにはいきません。
手順とすれば、 絶対に触れないように手袋とマスクを装着します。
ビニール袋にネズミを捕獲した粘着シートを入れます。
そのビニール袋にを入れます。
30秒経過すると窒息死することになります。
適切な場所で汚染水を抜き、 さらに袋をかぶせて処分します。

ネズミを捕獲した場所も、 ダニなど繁殖した可能性があるので、 消毒をして清掃を行います。

気持ちの良い手順ではありませんが、 衛生上、感染を防ぐためにも、 必要な方法のひとつとなります。

少しでも環境が改善されることを願います。




*







そもそも 知恵とは






     




*その他コンテンツ











プロフィール&創作作品
もじ文字
サイトマップ
もじ文字 更新情報



健康と衛生
そもそも学
執筆への道標
有意義な労働



With the exception of the work that has been provided with the consent,
all of the copyright is owned by the administrator of もじ文字 _since2013_
同意を得て提供されている作品や紹介されている不特定多数の作品を除いて
当サイトに掲載されている著作権の全てをもじ文字の運営者が所有しています。